■ 狭山事件の再審を求める市民集会2010.12.9

集会次第

(1)日 時  2010年12月16日(木)午後1時〜4時
(2)会 場  東京・日本教育会館(千代田区一ツ橋)
(3)名 称  狭山事件の再審を求める市民集会
「開示勧告から1年〜いまこそ全証拠の開示と事実調べを!」
(4)主 催  狭山事件の再審を求める市民集会実行委員会
          http://www.sayama-case.com/

(5)プログラム  <司会>布施哲也(市民の会事務局次長)
@ 開会あいさつ   組坂繁之(部落解放同盟中央本部委員長)
A 各政党・国会議員あいさつ
B 決意表明   石川一雄(再審請求人)・石川早智子
C 弁護団報告「開示勧告から1年〜第3次再審はいまどうなっているのか
何が証拠開示され、何が隠されているのか」
 中山武敏(狭山弁護団主任弁護人)
         「証拠開示から事実調べへ〜開示証拠にもとづく新証拠報告」
 中北龍太郎(狭山弁護団事務局長)
D 「冤罪と証拠開示」  庭山英雄(市民の会代表・弁護士)
E 基調提案「三者協議と今後の闘い」松岡徹(部落解放同盟中央本部書記長)
F 再審冤罪事件当時者からの連帯アピール
菅家利和さん(足利事件)
杉山卓男さん(布川事件)
桜井昌司さん(布川事件)
袴田ひで子さん(袴田事件)、袴田清水静岡救援会 
G まとめ 鎌田慧(狭山事件の再審を求める市民の会事務局長・ルポライター)
H 集会アピール
I 閉会あいさつ



CGI-design