狭山オンライン署名に寄せられた
みなさまからのメッセージ・・・・・・

-------------------------------------------------------------------------------------------------
高校生の頃からずっと経緯を見続けていました。当たり前の事が当たり前に行われないのは、矢張り、おかしいと思います。 今日、署名を見つけました。この署名に関する呼びかけを始めます。(06.7.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
最近体調がすぐれず、なかなか運動に加われないのですが、一日も一刻も早く、裁判が開始されるようにと願って ます。担当裁判官にも葉書をだすなど、できることをやっていきたいと思ってます、(06.7.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
今度こそ必ず再審を勝ち取りましょう! 筑豊水平ヤマの会も最後まで、勝利の日まで不撓不屈で闘います。(06.7.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審による公正・公平な裁判を!(06.7.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
部落差別に貫かれた国家による犯罪が狭山事件です。
ですから、当然石川さんは無実です。
万年筆は、石川さんの無実の証明ですが、それはすなわち国家による部落差別犯罪の証明でもあります。 だから、石川さんの命は部落の人々の命と同じであり、石川さんの未来は、部落の人々の未来です。そして、全ての民衆の未来でもあります。 絶対差別犯罪を許さず、石川さんの命を自分の問題として、闘いましょう。 そのとき、石川さんの無実と国家の差別犯罪はあばかれ、狭山闘争は必ず勝利できると思います。その闘いの中 に部落差別をなくしていく展望が見えてきます。つまり、部落解放の実現です。そのためにも狭山第3次再審を 実現し、石川無実と狭山闘争勝利を勝ち取りましょう(06.7.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
第3次再審請求勝利に向けて、お体に気をつけて頑張ってください。(06.7.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
無罪を勝ち取るまでは、私なりに頑張りたい。(06.7.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄氏の無罪は明白です。一日でも早い再審開始を切望します。
司法、検察は「冤罪」を真摯に受け止め国家犯罪たる差別裁判、差別捜査を反省し、謝罪しなくてはなりません。(06.7.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審Now!(兵庫大学・日本冤罪研究所ー所長)(06.7.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山差別裁判勝利の日まで共に闘いましょう(06.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判において不公平な審議は国民の不信を招きます。
裁判所の信頼を回復するためにも,すべての証拠の開示と事実調べ,早期の再審の開始を求めます。(06.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
正当なる裁判をそして判決を心より望みます。そして石川さんの「見えない手錠」を一日も早くはずして頂き幸せな日々を過して頂きたいです。
私は人種差別は絶対にあってはならない・・人は皆平等で幸せになる権利を持っていると思います。証拠の開示をできない真実はあってはいけない ことだとも思いますし・・何より諦めない石川さんを心から応援しています。
私も必死に祈ります・・絶対に頑張って下さいね。(06.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
信じて応援しています。必ず光はあると思います。必ず真実を勝ち取りましょう。がんばって下さい。(06.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
国の面子のためにひとりの人間を、そしてその周りにいる大勢の人間を犠牲にするようなことがこれ以上ないよう 、公正な裁判を求めます。(クルド難民二家族を支援する会の者です。先日は緊急署名にご協力いただき、ありが とうございました。)(06.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を確信しています。早く再審をお願いします(06.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
偶然本で知りました。昔はこんなことがあったのかと思った。宙に浮いたままになっている現在の状況を知り、 公平な裁判というのに深い疑問を感じる。部落の人であろうがなかろうが、なぜ早くもう一度裁判をしないのか?? とてももどかしい。(06.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実だ。東京高裁に第3次再審を開始させよう。部落差別に基づく冤罪であることは明らかだ。(06.7.25)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんは明らかに無罪である。少なくとも、原判決には、冤罪を疑わせるに足る多くの不合理な点があり、 これらの事実だけを以てしても、再審を開始するべき充分な事由足り得る。本件の真の解決が、今日の日本が抱え る他の全ての問題の解決にも通ずる。(ウェブサイト「狭山事件を推理する」・主宰者)(06.7.26)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審開始を強く求めます。石川さんの無実はどう見ても明らかです。
再審リボンバッチを胸に、社会全体へ訴えていきましょう。(06.7.26)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
無辜を処罰する冤罪は、どの刑法典にも存在しないものではあるけれど、実質的には殺人と同じぐらい法益侵害 の大きいものであると思います。
再審を求めるのは、その理由があるからです。その真髄を理解して頂き、本件の特殊性を考慮しつつ、真実発見 のために再審を開いてあげて下さい。(06.7.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
法治国家とはいえ、無実の人が有罪判決に何十年も従わされるような状況が変わりますように。石川さんに、 一刻も早く再審の門が開かれ、無罪判決が下りますように。(06.7.31)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件について沢山の本を読み、これはどこからみても石川さんは無実であると確信しました。狭山事件を「石川有罪」 とする限り、日本の司法は自らを貶めているだけだと思います。石川さんを未だに縛り付ける鎖を解き放してください。 この国に生きる一市民として、再審開始を心より求めます。(06.8.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
今日、駅にて偶然にチラシを受け取りました。1963年と言うとまだ私が生まれる十数年も前の出来事で実は知りませんでした。 ですが記事を読んで初めて知ったこの事件の理不尽さと言ったら納得のできるものではありませんし本当にこんな事が29年も 続いてきたと言うのは悲しい事です。胸が痛くてなりません。
真実は正しく知らされなければならない、何かの力によって曲げられた偽りの真実はあってはならないものだと私は思っています。 どうか”真実”を勝ち取って下さい、心から応援しています。(乱文失礼致しました。)(06.8.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪を背負って生きる人間の口惜しさ、無念さ、怒り、さまざまな想いを考えてください。証人尋問、事実調べを即刻行い、一日 も早く再審を開始してください。石川一雄さんの無実は明々白々です。(06.8.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
駅で受け取ったチラシをきっかけに、今まで名前しか知らなかった狭山事件について自分なりにインターネットで 調べてみて、この事件・訴訟の問題の深さをはじめて知りました。
一刻も早い事実調べ・証拠の開示がなされる事を切に希望します。
また、この問題をまだ知らぬ家族や友人に伝え、一緒に考えていきたいと思います。(06.8.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
いつも毎月23日にはビラ配りに参加しています。
今度下味野高校友の会で狭山のビラを作り村に配ろうとビラを作ってる最中にこのHPを覗かせてもらいました。
絶対無実を勝ち取るまで一緒に戦い続けましょう!!!(06.9.3)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
頑張ってください!応援してます!(06.9.4)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事実を調べない裁判があるというのは、この世の中なんでもありということなんでしょうね。へんな世の中は、 裁判所から造られている。絶対におかしいと思います。(06.9.6)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
部落差別がうんだ冤罪事件「狭山事件」の再審を一日も早く実現してください。また、公正・公平な裁判に必要 な全証拠開示・事実調べを実現してください。(06.9.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実は1つ、必ず報われる日が来ると信じています。絶対に諦めないで下さい。(06.9.12)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
頑張って下さい!!(06.9.12)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
正義が明らかにされる日が必ず来ることを信じています。(06.9.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「狭山事件の真犯人」の著者の殿岡駿星です。石川さんの無実を信じ、さらに真犯人を追及して様々のデータを 集め、追及し本にしてきました。なぜ、日本の司法は石川さんの無実を認めないのか不思議です。疑われるとい うことは苦しいことです。石川さんはその状態が40年以上続いているのです。こんな状況が許されるでしょう か。一点の曇りもない純真な石川さんが疑われている状況が悲しいです。日本人たちよ、真実を見ることに恐れ ることなかれ。(06.9.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件を知ったのは新聞でした。こんな時代に信じらない気持ちで狭山事件の本を探し読みました。石川さん は無実です!それを見ない聞かない裁判は狂ってる。みんなで頑張りましょう!(06.9.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件のほかにも、日本では司法の差別による冤罪事件が起こっています。このようなことはあってはならな いことです。一刻も早く無罪判決が下されることを願っています。(06.9.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
確実な無罪判決を勝ち取らなければならないと思います。そのためには再審を請求しなければなりません。
今一度真実の究明を。(06.9.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
法律と事実に基づき、冤罪を許さない捜査、裁判、審判・判決を求む。被差別部落に対する予断と偏見は絶対に 許さん!再審請求に向き合え。再審請求却下を主張した差別者には天誅を!(06.10.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私が出来る事は少ない事ですが石川一雄さんの無実は誰もが分かっている事です、署名する事で少しでも協力 出来ればと思います。(06.10.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
さまざまな無実を裏付ける証拠や証言を無視しつづける事なく、再審を行うよう強く要望します。石川さんの 無実を確信しています。勝利まで支援します。(06.10.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
合理的な判断に疑いを惹起させる司法判断に司法界の危機さえ覚える者です。事実調べ検察手持ち資料の開示、公 平・公正な裁判の維持、再審制度の理念、刑事裁判の原則に立ち、 東京高等裁判所が、鑑定人尋問や現場検証な どの事実調べをおこない、狭山事件の再審を開始するよう強く求めます。ひとひとりの命は地球より重いという 格言を思いつつ。(06.10.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
共に差別裁判を打ち砕き、熱と光を狭山に!!(06.10.10)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審を一刻も早く開始してください。石川さんが無実であるということは、弁護団から提出されている 証拠を見れば、充分わかります。1800年(寛政12年)のことですが、ある事件が起き、犯人が捕まらず、「むら」 (被差別部落)から犯人を出せ、そうでないと「むら」全体を焼き尽くす、と言われ、自ら志願し犠牲になった若 い5人の青年がいました。今から約200年前のことです。こんな不合理なことがあっていいのでしょうか?200年 経っても、彼らの無念は晴らされないのでしょうか?石川さんの闘いは、過去、現在の冤罪事件の無念を晴らす 闘いでもあると思っています。私たち支援者も勝利の日まで闘いを共にしたいと思っています。(06.10.28)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審を開始してください。これまで、多くの裁判官が狭山事件を担当されました。中には、もしかし たら硬い扉を開いてくれるかもしれないと思った裁判官もいました。でも、無理でした。大野市太郎裁判長には、 再審の扉を開いて欲しいと思ってます。誠意ある対応をしてください。(06.10.28)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実を明らかに!(06.10.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
どう考えても、やっぱりおかしい。狭山に行けばすぐわかる。
なのに、どうして裁判所は扉を開こうとしないのだろう。
どう考えても、やっぱりおかしい。(06.10.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
どうしてでしょうか…。同じ人間としてどうしてこのようなむごい事ができるのでしょうか? 己の家族が無実 の罪で30余年もの長きに亘ってこのような目にあわされたら…? 司法に携わる全ての方々へ訴えると共に私 達自身の無関心さも強く強く反省しなくては〜、そう感じております。(06.10.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
恥ずかしいことに、つい最近までこの事件を知りませんでした。是非、頑張って下さい。(06.11.1)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く無罪を。真実を。(06.11.5)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
鎌田慧先生の『狭山事件』を読んで、署名させていただきました。事実の重さに息苦しく、変わらず頑張ってい らっしゃる鎌田先生の文章に涙が出ました。人は、もっともっと人の心に寄り添わなければならない。鎌田先生 のように。特に裁判官!(06.11.11)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「冤罪事件」に荷担した警察官や裁判官こそ犯罪者。(06.11.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
絶対無実を証明してください。(06.11.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
コトは日本の司法制度への信頼に関わる問題だと思います。
関係者が次々に鬼籍に入りつつある現在、過去の経緯やしがらみを乗り越えた、客観的な「証拠」(捏造された ものを除きます)に基づく納得性のある判決が求められていると考えます。(06.11.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私も事件内容を読んで明らかに不自然だと思いました。こんな冤罪あって許されるのでしょうか。悔しさ怒りを覚え ます。せめて署名という形で。(06.11.27)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件のことは最近、本を読んで知りました。再審決定は当然のことだと信じています。どうぞお体に気をつけて 朗らかにお過ごしください。(06.12.4)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川様がこれまで過ごされて来たご苦労は計り知れません。無実が証明されますことをお祈りいたします。(06.12.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
初めまして。私は狭山市に住んで22年になります。被差別部落の問題については中学でも小学校でも同和問題 として学びました。ですが長い間自分の生まれた場所に被差別部落が存在したことも、狭山事件があったことも 知りませんでした。事件を知ったきっかけは書店でなにげなく見上げた棚に事件を取り上げた本がおかれていた からでした。本を読み初めて狭山市に被差別部落があったことを知り事件に興味を持ちました。本当に自分の無 知を知り恥ずかしくなりました。そして、一番驚いたのは父に何気なくこの事件について尋ねたことでした。 父は当時12歳で被害女性の弟さんと同学年で被害者の方のことも弟さんのことも知っていたからです。当時父は 小学生でしたが当時のことはよく覚えているそうです。以外なところで自分とのつながりを知ってとても驚きま した。石川さんがんばって下さい。この事件は絶対に風化させてしまうべきではありません。無罪を勝ち取るそ の日まで負けないで下さい。(06.12.10)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を拒むのは国家が部落差別をしたということをみとめたくないからではないでしょうか?私はこれまでの闘い の中でそう感じてきました。だから,差別はなくならないのです。署名をひとりでも多くの方々に広めましょう。 (06.12.11)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
安倍総理のもと自民も民主も、教育基本法改悪をはじめ、憲法改悪を虎視たんたんと狙う人びと、自民の幹部の 核保有まで云々する右傾化の時代の流れが懸念されます。ぜひとも狭山再審無罪を勝ち取るため、周囲の人たち に冤罪事件の怖ろしさ、部落差別のきびしさを伝え、取り組みを強めましょう。(06.12.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
負けないで頑張って下さい。(06.12.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審が開始されるよう願っています。(06.12.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
ともに戦い抜きましょう。私も負けずに病と闘います。(06.12.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
何もできませんがせめて署名をさせていただきます。石川さん夫妻もお元気で。(06.12.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
何もできませんがせめて署名をさせていただきます。石川さん夫妻もお元気で。(06.12.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
お互い元気でがんばりましょう(06.12.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
お父さんとしょめいします(06.12.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
今度こそ!と魂をこめて署名します(06.12.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
毎日のように狭山図書館や狭山の"現場"へ足を運んでいます。被害者の長兄や次姉の元夫とも夫々の自宅前で出 会ったこともあります。思わず「知っていることは全部話してくれ」と言いたくなりました。
裁判所は逃げ切るつもりのようですね。決して許してはならないと思います。寺尾判決が正義ならば、勝手な憶 測が正義ならば、法律の専門家としての裁判官など不要です。
日本の司法制度をこれ以上腐らせてはなりません。石川さん、持ち前の不屈の精神で不正義と戦いましょう。 応援しています。そして存命な事件関係者の方々、ぜひ勇気を持って真実を語ってください。(06.12.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪晴れるといいですね。(06.12.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私は、1981年生まれの25歳の男です。 この事件の存在を知り合いから聞き、過去にこのような事件があったと いうことを初めて知りました。 私に出来ることは、署名することだと思いました。(07.1.6)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの冤罪が一日も早く晴れるよう、応援しております。(07.1.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は石川さんの犯行とするには、あまりに不自然な点が多すぎ、「証拠」とされるものも、きわめて疑わ しいと思われます。当時の警察側の事情により、犯人を「でっち上げる」必要があり、その際に社会の差別意識 を利用したものと言わざるを得ません。東京高等裁判所がすみやかに再審の開始を行うよう求めます。(07.1.9)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは、部落差別によって国家権力(警察―検察―裁判所そして、マスコミなど社会的権力を持ったもの総体 を含めて)によって殺人犯にでっち上げられました。狭山事件は、単なる冤罪事件ではなく、国家が部落差別の意 図を持って行った差別犯罪であります。  そうであるからこそ、無実の石川さんの無罪は社会的に明らかにさ れ、国家が石川さんとすべての部落民に対して、謝罪すべきことが、求められます。これによって、今ある部落 差別が撤廃される第1歩になるべきことです。つまり、部落解放の第1歩となるような狭山差別裁判の闘いの勝 利、これが狭山事件の真の解決です。決して部落差別抜きの狭山事件の解決はありません。この署名の中には、 部落差別のことが記載されていませんが、石川さんは、「字を書く習慣がなかった」から脅迫状書くことがな かったのではなく、部落差別によって文字を書く能力を奪われたため、石川さんは脅迫状を明らかに書けなかっ たのであり、、そのことの1点で石川さんが犯人でないことは明らかです。私たちは、そのことを肝に銘じるこ とが必要です。(07.1.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
判決の違法性は明確!
早急なる再審開始を実現させましょう!(07.1.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無罪だと思います。(07.1.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
これだけの弁護団が証拠を集めても再審が認められないのでは誤認逮捕されてしまった時にはもう救われないの ではと不安に駆られます。(07.2.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
不明の点は明らかにしなければなりません。よって事実調べを求めます。(07.2.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審請求を望みます。(07.2.10)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「えん罪」は許せません。石川氏は無実ということは明らかです。人生の大切な時間を奪っただけではなく、汚 名まできせられたらたまったものではありません。担当の裁判官は、勇気を持って再審→無罪判決を決断してほ しいと思います。(07.2.11)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
人をだまして、勝手に調書を作り上げた、警察。それを認めない裁判所。これこそ日本社会を犯している犯罪者 だ。その犠牲になっている石川さんを助けなければ、ほんとうの犯罪をゆるしたことになる。それはいやだ。 (07.2.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
駅でチラシをもらいました。小学校のときに、授業でこの話を知りました。何か私にもできることがあれば、し たいと思います。(07.2.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
いい加減に司法は現実に目を向けるべきです!幼稚園児でもまちがってたらゴメンナサイします。警察も見栄を はらないでゴメンナサイしてもう一度審理すべきですよね?!!(07.2.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
負けないでください!応援しています!(07.2.27)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんは無実です。このことを訴え続けていきます。(07.3.1)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
1日も早く無罪を!1秒でも早く謝罪を!石川さんの青春はもう取り戻せない、でも今なら人生を取り戻すこと はできる!そう信じています。(07.3.4)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
失われた時間は長すぎる。一日も早く無実を!(07.3.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の事は小学生の時に知りました。こんな矛盾だらけの捜査のまま今も無実を認めない警察、裁判所には 腹が立ちます!石川さんの無実が必ず証明されると願って応援します!!(07.3.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
小学生の時、近鉄電車の中から立て看板を見て、事件について知りました。以来、石川さんの再審請求→無罪判 決が出ることを心待ちにしております。頑張ってください。(07.3.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪事件のもう一つの罪は、真犯人を罰するチャンスを永遠に失ってしまうことにあると思います。それでは被 害者も本当に浮かばれません。人が人を裁くことの限界を思うとき、裁く側の人間は謙虚でなければならないと 思います。(07.3.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんがいつまでもお元気で闘いつづけられますように願っております。(07.3.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は、被差別部落への「日本の三権」の差別構造があからさまにさらけ出された事件であることは明白です。 石川氏の無実は、弁護側の提出した証拠や当時の石川氏の情況から考えても明白です。一日も早い無実の獲得を 願います。(07.3.25)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
残念ながら自国のアメリカでも人集差別の存在がまだまだ強い...good luck, "third time's the charm!"(07.3.27)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
公明・公平な裁判が1日も早く実現しますように。法は真実にのみ従うべきです。応援しています。(07.4.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
東京高等裁判所は狭山事件の公正な裁判の再審を行い国民に真実を伝える事が義務ではないでしょうか。私は再 審開始を求めます。
東京高等検察庁・狭山事件担当検察官は警察の信頼を国民から得る為にも、狭山事件の証拠を弁護団に開示して 真実を明らかにすべきではないでしょうか。私は狭山事件の証拠を弁護団に開示するよう求めます。(07.4.28)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
志布志事件でもずさんな捜査、脅迫的な取り調べなどが明らかになっています。狭山事件も同様です。ずさんな 初動捜査、見込み捜査、再逮捕、長期拘留、違法な取り調べで、警察がでっちあげ、当時の検察、裁判がそれを 無批判に是認、でっちあげに加担してしまった冤罪事件を一日も早く明らかにするため再審を開始すべきです。 (07.5.2)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事件発生から今までの経緯をあるサイトで見ましたが警察の無理やり犯人に仕立て上げる捜査や不公平な裁判に 憤りを感じました。石川さんは絶対に無罪だと思います。(07.5.5)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
獄中で識字の勉強をした石川さんが脅迫状が書けるとは思われません。公平・公正な裁判を強く望みます。(07.5.5)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な裁判および事実の調査を求めます。(07.5.6)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
43年間、人生のほとんど獄中で過ごされた石川さんをはじめ、ご家族の人権を無視したことに対し、公正な裁 判を早急にしてください(07.5.6)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
えん罪がはびこる中、がんばってください。(07.5.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判官の皆さん、曇りなき心の眼を開いて、真実を見通してください。(07.5.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を早く晴らせたいです。(07.5.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審開始の日を信じて応援しています。真実はひとつです。(07.5.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
今更のようにですが、真実は必ず存在していることを疑わずに歩く勇気を戴いてます。今の国家権力の基では、 いかんせん心許ない状況ですが、主張はし続けねばならないと考えています。(07.5.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山差別裁判闘争こそは,解放闘争の原点だと確信しています。
今度こそ,えん罪を晴らし,国家と警察・検察・司法の犯罪を明白にしましょう。
石川さんどうぞお元気で!(07.5.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなひどいことがまかり通っては絶対にならないと思います。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
失われた過去は取り戻せなくても、未来への光明は灯すことができます。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
東京高等裁判所は、狭山事件の鑑定人尋問や現場検証をおこない、再審を開始してください。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
鎌田慧さんの「狭山事件」を読んで以来、石川一雄さんの無実を確信しています。真実がそして誠実がこの社会 にあることを、石川一雄さんに伝えるために、再審を開くよう祈っています。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
今こそ再審を!石川さんの無実は明らか、冤罪は晴らされるべきです。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は部落差別を象徴しています。それは国家権力だけではなくそれを黙認し、助長してきた私たちの問題 でもあります。その意味で、私にとっても大きな意味をもつものです。ぜひ再審を勝ち取り、この社会から差別 をなくするための前進につなげていきたいものです。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
無罪を確信しています。がんばってください。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪が作られたものであることは、明白なのに再審がなされないというのはおかしな話だ。検察側も間違いがあ ることは認めた上で、こうしたことが二度とないように努力するところに意味があるはずだ。すぐに再審をおこ ない、真実がなんだったのかを明らかにすべきだ。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実を明らかにするためにも、事実調べをする再審を開始すべきです。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
差別を根底にし、余談と偏見に満ち満ちた捜査と判決にずっと憤りを感じていました。再審が実現でき公正な 判断が行われることを切に望みます。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
■狭山事件弁護団は、これまでに、筆跡鑑定や足跡鑑定、法医学鑑定など、有罪判決に合理的疑いをいだかせ る多数の証拠を提出しています。第3次再審請求においても、筆跡鑑定などの新証拠を提出し、事実調べをおこ ない、すべての証拠を総合的に 評価するよう求めています。しかし、狭山事件の裁判では、1974年10月の確定 判決以来30年以上も事実調べがまったくおこなわれていません。 これだけ長い年月が経ちながら、事実調べも 検察官手持ち証拠の開示もなされないことは、憲法に認められている公正・公平な裁判とは いえません。■「無 辜の救済」という再審制度の理念、「疑わしきは被告人の利益に」との刑事裁判の鉄則にもとづいて、東京高等 裁判所が、鑑定人尋問や現場検証などの事実調べをおこない、狭山事件の再審を開始するよう求めます。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の裁判ではどれだけの冤罪を生んできたのか。そのなかでも狭山事件はその代表のひとつです。一刻も早い 無罪を実現しましょう。(07.5.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さん有罪判決には何の合理性も見出すことは出来ない。そして無罪と考えうる証拠が多数持ち上がっている。 そうである以上、再審を開始するのが当然であろう。(07.5.9)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
長い年月の不当な処遇に怒りを感じます。人間は進歩するものならこの年月も「進歩」があるなら、再審を開始 すべきです(07.5.11)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
25年間を被告として過ごし、無罪を勝ち取った甲山事件の山田悦子さんに、毎年学生たちに体験をもとに話し てもらっています。また横浜事件につきましても、再審請求に応えようとしなかった姿勢は、この国の司法の 今の体質を物語っているといえます。ドイツの司法が、戦前戦中の過去の反省の上に立って、今は市民の権利 を国家権力から守るものになっているのに比して、「慰安婦」裁判でも責任を却下するこの歴然たる差に、世 界的に国家の品位が問われています。日本の司法の在り方を、今ここで、再審請求に応じることで世界に示し て欲しいと思います。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実だと信じています。再審を開始し、証拠調べを行なってください。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
あまりに長く国家による不正と暴力が続いています。一日も早く石川さんに当然の無実判決が下ることを求めま す。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの闘いと、多くの皆さんの支援活動に心より敬服いたします。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件はこの国の醜い暗部を象徴する事件です。日本人が自らのこととして向き合わなければならない問題 です。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
直ちに再審を開始するよう強く求めます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
誰が考えてもおかしい、今、もっとも不合理なこの狭山差別事件が一日も速く解決することをせつに祈ってい ます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
20年以上前に現地調査で石川さん宅に伺ったときの、無実を訴え、万年筆について説明されたお父様の姿が忘 れられません。日本の司法は正義をおこなえ。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
法の過ちを正すのは大いなる勇気が要る。法は公正であって法でしょう。
日本の正義に期待したい。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
思い出すたび胸がしめつけられます。自分の「平凡な」一生が、どれだけの人生を踏みつけてきたことか。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件について、普通に常識的に考えれば、石川一雄さんが犯人とは考えられません。本件で再審が認められ なくて、何のための再審制度なのでしょうか。刑事訴訟法の趣旨に戻ってください。そして、再審開始して下さ るよう、心よりお願いいたします。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは被告人の利益に」を貫いていただきたい。再審をぜひ!!(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
無罪を確信いたします。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
権力の無謬性という驕りを突き崩すいい機会です。権力はほうっておくと腐敗します。民主主義の何たるか を裁判を通じて多くの人に共感してもらいたいと思います。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
大きな権力側の意思で国民の命など如何様にも出来る日本は、表面がいくら変わろうと封建時代そのものです。 ますます驕り高ぶってきている今日、何時でも私たちは石川さんになり得ます。当たり前(再審)の事が行われ るような民主的な日本にするためには、自分自身の勇気が試されていると思っています。石川さんのご健康を お祈りしております。またこれまで支えていらした全ての皆さまの勇気ある行動に対しご尊敬申し上げます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは罰せず」、これほど当然のことがなされぬ国に、真の人権確立はできないと思います。
確たる証拠も無く人が人を裁く事に恐れを持つ心を、法に携わる人にこそ切望します。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにも長い期間、再審請求が放置されていることは異常な事態です。
一人の人間の人権が無視されたり、放置される社会は、決して平和な社会とはいえません。日本社会の有り様、 司法の有り様に恐怖を覚えます。
行政・司法・立法に関わる人々は、憲法を忠実に、誠実に、誠意をもって実践すべきです。それなくして、日 本社会の安定はあり得ません。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
当時石川青年と呼ばれていた石川一雄さんは今幾つになられたのでしょうか。「奪われし青春・・・」の無念さ は想像もできません。
本当に長い間、これ自体違法でありまた誰もが犯罪者になれるような別件逮捕で、教育を受ける期間が極端に少 なかった結果としての無知に付け込んだやりかたは、この国は法治国家かと疑問に思います。
再審請求棄却の際は、新たに無罪をしめす証拠がまったく審議されないという常識を超えるものでした。法の下 では全ては平等です。再審を開始して法治国家であることを見せて頂きたいと思います。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判官は冤罪事件を早く解決してのどに刺さった骨を抜きましょう。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く自由を取り戻されますよう祈っています(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は、私が死刑に疑問を感じ、長じて人権活動をするようになった原点ともいえる事件です。真実を明ら かにすることを切望します。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
歴史に恥じない公正な裁判を求めます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
学生時代から気に掛けていた事件です。どう考えても納得がいきません。裁判所の怠慢にも憤りを感じます。 再審を求めます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本に民主主義があることを知らしめましょう。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
30年もの長期間に検察局の調べがないこと理解出来ません。確定証拠なくして罰するべきではないのが基本です。 どうぞ公平な裁判をお願いします。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事実を、もう一度調べてください。私の要求はそれだけです。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
本判決には、どうみても正義があるとは思えません。裁判長殿、どうか真実の正義がどこにあるのか、再審によ って明らかにしてください。日本の正義、すなわち法が再生するかどうかは、裁判長の判断にかかっています。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
検察、警察の側に立つ司法ではなく、取り調べを受けている側の弱い立場に身を置いた裁判をと願っています。 えん罪事件が跡を絶たないことは、非常に恐ろしいことと思っています。いつ我が身にも降り掛かるかもしれな いからです。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無罪を信じ、是非、是非、再審をお願いします。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
大野市太郎裁判長様
正義を実現できる立場にある貴方が責任を全うすべきです。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を信じています。東京高裁は、今すぐ再審請求を認めるべきです。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
僕は、警察の裏金問題の実態を現職警察官の立場で告発した愛媛県警鉄道警察隊・仙波敏郎巡査部長を支える会 世話人の一人です。告発に対する報復、見せしめとして仙波巡査部長は配転処分を受けるなど極めて不当な処遇 を受けていますが、オンブズえひめの弁護士はじめ全国80人の大弁護団のお力添えで、仙波巡査部長を原告と する国賠訴訟など2件、オンブズえひめと支える会などが原告となってさらに2件の訴訟を起こし、警察裏金問 題の実態を明らかにすると同時に私的に流用された公金の返還を求めて、いま法廷で争っています。愛媛県警 (2万5千人)の規模でも、裏金に消えた、つまり一握りの幹部たちが使い込んだ金の総額は年間2億円はくだ らないと思われますが、県警が捜査上の秘密を理由に情報開示をせず、また住民である我々に与えられた手段は 監査請求権だけで、県監査委員は自治体の裏金問題で明らかになったように十分に機能せず、むしろ不正を隠蔽 しようとしているとしか思えない現状にあり、住民監査すらままなりません。都道府県費は、曲がりなりにも監 査の道が残されていますが、警察予算のうち国費については住民にはいかなる手立ても講じることができず、不 正の度合いにおいて都道府県費の比ではないといわれながら、解明が全く行われていません。法的な不備という 他はありません。仙波巡査部長や我々が4件の訴訟で返還、或いは彼に支払われるべきだとした金の総額はたっ た200万円あまりに過ぎません。先に挙げた理由で住民の権利を全うすることができないのです。この問題は、 本来は地方自治の仕組みの中で解決されるべきものであり、カンパを集めて住民の権利を行使しなければならな いというのは納税者に二重の負担を強いるものでしかありません。残された唯一の手段として訴訟に訴えたので すが、成り行きを見ていますと、裁判もあまりアテにはなりません。裁判所に、解明の熱意や、法の砦としての 存在感がないのです。今年はじめ、検察の裏金問題を告発しようとして逮捕された、いわゆる「三井検事事件」 で大阪高検は、三井検事の逮捕容疑について有罪判決を下しましたが、その判決文に、まるで申し訳のように 「三井被告の体験した限りにおいて検察に不正流用の事実があったといわざるを得ない」という一文を付け加え ています。刑事事件の公訴権が検察にしかな・u桙「ことに裁判所として不快感を示したと見ることもできます が、その結果、三井・元検事の告発を防ぐために行われた意図的な検察の強権発動は正当化され、小さな不正は 裁かれ、検察そのものが犯してきた「巨悪」「検察の組織的犯罪」は闇に葬られてしまいました。強い憤りを感 じます。刑事、民事の違いはありますが、仙波巡査部長がクビをかけた告発が正しく裁かれず、同じような結果 になってしまわないかと危惧されてなりません。裁判所が簡単に巨悪を見逃したり、最後の砦としての責任を放 棄することがないよう求め、あわせて狭山事件の再審開始を強く求めます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判長大野市太郎様 石川一雄さんの再審の開始を切に望みます。事実調べをしてください。「無辜の救済」に たつことは憲法の下での裁判制度を救うことでもあります。優秀な裁判官であるより前に共生の人間であってい ただきたいと願っています。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんはどう考えても、明らかに無実です。すぐに再審の扉を開いてほしいと思います。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審請求棄却は,子どもたちに「日本の裁判は公正・公平ではない」ということを教えてしまい,未来を暗いも のにします。希望のある未来のために,再審を求めます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は明らかに冤罪とわかる部分が多い事件なのに、未だに再審が行われていません。日本の裁判制度が 公正なものであり、冤罪が放置されない国であることを今こそ証明してほしいと思います。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
検察の面子よりも人一人の命が大事です。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事実調べを行い、再審を認めてください。事実調べも行わずに門前払いをするのでは「再審請求」という制度 の意味が失われます。狭山事件は冤罪であるという多くの人々の声に耳を傾けてください。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
このような不合理が世の中からなくなりますように。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
同じ埼玉の住民として、黙っていられない。日本に民主主義はあるのか、疑惑だらけの政治、司法制度である。 狭山事件の現地調査に何度も行ったが、判決が不当であることは、誰が考えても明らかである。再審までとも に闘おう。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
不当な判決に、Noを表明しよう。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
来る5月23日、石川一雄さんが、狭山事件の犯人として、でっち上げ逮捕されて44年目をむかえる。
狭山事件は、1963年5月1日埼玉県狭山市における女子高校生中田善枝さん殺害事件。
しかし私たちが問題にするのは、このあと無実の部落民石川一雄さんが、警察・検察権力、裁判所、国家公安委員長(閣僚)など、 国家権力総がかりで、マスコミ、住民の差別意識もフル動員して、犯人とされていく全過程であり、それが、狭山差別事件であり差別裁判である。 まさに国家権力による差別犯罪というものである。
このことは、仮に石川さんが部落出身でなかったら決してでっち上げられなかったことをしめしている。差別の 恐ろしさを私たちは見なければならないし、そんな差別を許してはならない。そして、なんと言っても石川さん は無実であり、狭山事件と一切かかわりがないのである。改めて、事件と裁判の差別性を見据えたい。
警察は、無実の部落民に悪逆非道なリンチを加えたといえる。
当時の長谷部警視は、石川さんをでっち上げるために、「善枝さんを殺したと言えば10年で出してやる。」という甘言と 「お前がやったと言わなければ、兄貴を犯人にしてやる。」と脅迫した。お兄さんは、当時石川さんの家族の生計の柱であり、 差別によって苦しい生活を強いられていたなかで、そんなお兄さんが捕まっては困る。10年で出してやるなどということも差別により法的知識も少ない石川さんにとって、信じてしまいかねない状況・・・。 (ニセの市長やニセの弁護士を接見させていることなども含めて。)
このように部落差別をしっかり根底に置いたでっち上げ手法であった。ここに差別事件としての核心がある。
被差別部落の青年200人に対する集中見込み捜査はいうまでもない。 逮捕後の、マスコミ報道も極めてひどい差別的報道ばかり。今日の「不祥事」に対する差別をあおる報道に負け るとも劣らない。そして、検察の公判における陳述では「部落を悪の巣」と決めつけている。これが民主主義を 標榜する国家の裁判所における公的文書かと思えるもの。この1点だけとっても差別裁判の本質が見える。
やはり、石川さんの無実を、国家総ぐるみの部落差別犯罪を、暴いていくなかで、石川さんの無罪を勝ち取らね ばならないと強く感じる。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を始めて、これ以上罪なき人を苦しめないで下さい(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の司法に再審の開始すなわち正義の実現を要求します。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの無罪を確信しています。石川さんが無罪を勝ち取るまで応援します。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の公正な裁判、事実調べを求めます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪を造ってはいけません(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山差別裁判粉砕!
裁判所は証拠物件・客観的物的証拠、状況証拠に基づき公正厳正な審理を行い、真理に基づく判決を行え。
予断と偏見に基づく差別裁判は断じて許さない!ヨシミズコウイチ(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
理不尽がまかり通る世の中では、公正が文字の世界にしかないと思うことが増えています。狭山事件もその象徴 です。いくつも例がありますが、裁判所、裁判官を信頼したいのにできないことは非常に情けないことだと心底 考えています。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは被告人の利益に」の刑事裁判の鉄則にもとづいて一日も早い再審開始を、そして石川一雄さんの 冤罪が晴れますように。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
数年前に鎌田慧さんの『狭山事件』を読んで、こんな理不尽な裁判が続けられてきたことに、強い憤りを感じま した。再審は当然行われるべきと考えます。(07.5.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一刻も早い再調査、再審の開始を切にお祈りしております。「冤罪」は決して“昔の日本”で起こったことでは なく、今なお不当な裁判に苦しんでおられる方が沢山いることを思うとき腹立たしく何かしたいという気持ちに なりました。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判長様
このままでは何を信じていいのかわかりません。法を持って正しく裁く人達、そして公平なる取調べ、それ無く してどんな被疑者も被告もそして受刑者も心から非難する事ができません。力を惜しまず、出来る限りの事をし て欲しいと思います。もし自分がその立場になったら、と言うことを念頭に考え直していただきたいと思います。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは何もやっていません。1日も早く無罪の判決を行ってください。30年以上も長きにわたる冤罪を 一刻も早くとりのぞいてください。人権蹂躙も甚だしいと思います。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの人生を土足でふみにじってきたのはだれ。その一人にはなりたくありません。この署名に誘っていた だいてありがとう。私も広げるお手伝いをします。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を行って石川さんを長年の苦しみから解放してあげてください。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
疑問点がこれだけ多いままに長期間放置されているに等しい状況は、日本の裁判が機能していないことを国内外 に宣伝しているようなものです。信頼を取り戻すために一日も早い再審を開始すべきです。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
東京高裁は事実調べをおこない、再審を決定するよう求めます。権力者の側に立った判決でなく、民衆の側に 立った判決を要求します。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
司法は民主主義の根幹です。司法の独立と権威の回復、そしてこの裁判が公正に行われることを切に望みます。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
いかなる事情が認められようとも、わずか一点の曇りもないと言えるまでに有罪の立証がなされなければ、それ は審議継続の余地を残すものと解すべきであろう。再審請求を認めず月日が経てば、寧ろ迅速な裁判を受ける権 利だけでなく、実体的真実発見の可能性まで消滅させることになりかねない。いずれにおいても再審の途を開く ことは、開かない場合に比してメリットが大きいと思われる。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
疑わしきは、罰せず。
ぜひ、このことを実行していただきますよう、お願いいたします。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完全無罪は当然です(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
以前より関心を持っていました。このような形で参加できることを喜んでいます。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
不当逮捕から半世紀に入らんとしてます。現地調査で冤罪を確信しました。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の刑事裁判の有罪率は99.9%とのことです。「疑わしきは被告人の利益に」という刑事裁判の原則は、日本 の司法では忘れられ、検察側の面子を重んじ、権力者におもねるものと成り下がっています。当たり前の公正・ 公平な判決を求めます。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
山上益朗氏は夫の友達でした。夫健の所へ時計と万年筆の筆跡の件で相談に見えた日を思い出しました。二人 とももはや彼岸へ渡りました。一日も早く再審が再開される事を願います。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
不当な逮捕から40年以上、「戦後体制」を根本から覆そうとしている現体制の下だからこそ、司法の独立性、 権威を改めて認識させるような判断を「再審」という形で示してもらいたい。いま、求めているのは「無辜の 救済」、遅いことはない、誤りは正さなければならない。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
警察による捏造があったことは明らかであり、あらゆる証拠から、石川さんが無罪であることは明白です。本 事件の再審を強く求めます。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早い無罪の確定がなされることを願います。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
はるか昔ですが、石川さんの生家を訪ねたときに、何度目かの家宅捜査での証拠品発見の不自然さに愕然としま した。現憲法下でもこの有様なのに、これが現在進行中の「改憲」でもあった日には、と想像するだけで寒気が 走ります。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの無罪を実現しなければ真犯人をのさばらせるということにもなります。これでは15歳の誕生日に殺された Y枝さんは浮かばれません。Y枝さんはあれから時間が停止し、いまだ15歳のままです。あまりにかわいそう です。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
不当な差別支配を打ち破る突破口に!(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を明らかにするために、再審を開始してください。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
国家的ないじめに感じられます。47年間も見て見ぬふりをしている多数、中学校の教室の風景が連想されます。 いじめの標的になったものはたまりませんね。なんとかしたいものです。署名はできることの第1歩、ひとり一 人ができることを積み重ねましょう。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の早期の再審を願っています。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審を求めます(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
民主主義を守る闘いとして、無実の罪に苦しむ人のいない社会を創らねばと思っています。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く公正な再審を。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
現代日本の裁判史上の汚点とも言うべきこの件が、科学操作がより可能になった現代の観点から、再審され ることを願うものです。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
司法に真の正義を!(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
東京高裁は狭山事件再審請求につき、直ちに事実調べを開始せよ。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
子曰く、過ちて改めざる、是を過ちと謂う。の故事どおり、司法の先達の過ちを改めて、司法の信頼を取り戻し てください。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無罪です!(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
重要現場の「鴨居」が焼けて残念です。不信なところは いっぱいありますが、再度の家宅捜査で発見された 「万年筆」。 上申書と脅迫状の筆の違い、「村越よしのぶちゃん事件」との重なり、警察の面目へのあせり 、付近に重要参考人と思われる人物の「自殺」、裁判所も逃げないで「被告の声に」誠意をもって答えること を渇望しております。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事実に基づく再審請求を速やかに認めてもらいたい。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は日本の警察、検察、司法の汚点であり、本質を示していると言えるかもしれません。誤りがあるの に、いつまでたってもそれを認めようとしない。そして、それどころか、今にまで続いていて、数々の冤罪事 件につながっています。日本の司法を改革するためには避けて通れない事件だと思います。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
物的証拠の証明なしに経過し、これを強行することは、日本の主主義の根幹に触れる問題であり、許されざる ことと考えます。心より再審請求を実現して下さい。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
この裁判は「疑わしは罰せず」の筋を通す大切なものです。もともとは検察側の偏見から始まったものと思って います。永い闘いですが頑張ってください。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実はひとつ。石川さんの無実は多くの事実が証明しています。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の民主主義を守る運動として応援します(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
こんな明白なでっち上げ事件がいまだに「裁かれていない」ことに言葉を失います。
石川さん元気で長生きしてください。歴史の証人です。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは被告人の利益に」というのが刑事裁判の鉄則だと何度も聞いています。石川さんを犯人とするには あまりに疑わしいことが多すぎます。東京高等裁判所が、鑑定人尋問や現場検証などの事実調べをおこない、 「無辜の救済」という再審制度の理念のもとに狭山事件の再審を開始するよう求めます。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
人権が尊重される、公正な裁判を求めます。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実を調べ 正しいことをするのが大切(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
司法は良心を取り戻してください。袴田事件は取り返しの付かない司法の犯罪だと思います。石川さんもすで に一生を壊されました。それでも強く生きつづけています。正々堂々事実審理に応ずるべきです。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
正しい判断が下ることを願ってます。(07.5.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
被害者が同世代でもあり、かなりはっきりとした記憶として忘れることのない事件です。
未だに判然としない部分があるままであること自体驚きです。警察、司法の暗部を見せつけられる思いもいたします。 ぜひ再審請求が通るよう推移を見守りたいと思います。(07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件について詳しく調べれば調べるほど、石川さんの潔白は明らかです。誰の目にもそう映るこの事件なの に、司法によってそれが妨げられてる…。理解に苦しみます。遠いイスラエルから、応援いたしております。(07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
司法の独立。公正な審理。(07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
人間は限られた命しか持つことができません。残された時間を無駄にすることなく、一刻も早く適正な再審がな されることを切に希望します。(07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「かくも長き(社会正義の)不在」が許されてよいものでしょうか。再審請求の一日も早い実現を願っており ます。(07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
I support wholeheartedly the request for a retrial of the Sayama case which, it has become apparent, did not result in a fair decision due to flimsy evidence, insufficient investigative techniques and lack of due process that resulted in a decision of guilt and lifetime imprisonment for Ishikawa. In view of what is known now, I believe it is vital to open the case for a reexamination of the facts, evidence and process. I followed it when living in Japan in the 60s and 70s and since then, as a measure of trying to understand the process of administering justice through the courts, and particularly the Tokyo High Court in Japan. I appreciate the efforts to reexamine the Sayama Case on the basis of what is known and understood today, as important not only for Mr. Ishikawa, but for the status and stature of the Court, and for all people, whose human rights it seeks to preserve. (07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
いくら注意を払っても、確実性のない起訴が避けえない日本の刑事警察の現状だと思われます。最近の検挙率 が低下していると言われますが、過去の驚異的な検挙率は、思うに、かなりの冤罪の存在を、推定させて下さ います。(07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
疑わしい点が少しでもあるのなら、もう一度、原点に立ち返るのが、真理に近づく道ではないでしょうか?(07.5.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実です。必ず再審を開かせ、完全無罪を勝ち取りましょう。(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件勝訴を強く望みます(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判制度の改革を求めます(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
三権分立の危機を感じるこのごろです。日本の良心を示したいものです。(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な裁判を求めます。(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
少しでも力になることができればと思います。応援してます。(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
30年程前、佐木隆三さんの本を読んで石川さんのことを知りました。無実を信じています。応援しています。(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
神様はご存知です。この地、日本で人の世の義が為されることを祈ります。
無実を罪とすることは、濡れ衣を着せられた方にも、被害者の方にも、それを聞く私たちにもなんと遣り切れな い思いを起させることでしょうか。
一人、税金に録を食む検察の都合が国家の都合とならぬよう、疑わしきは被告人の利益の原則に立ち返っていた だきたい。悔い改めるものを神は許される。(07.5.16)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
立川談志を許さない。ウン十年?前のTVでの放言。「やってんに決まってだからさぁ」これは皆さんご記憶 にありますか。(07.5.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真に公正・公平な裁判を求めます。裁判長・裁判官が、人として責任ある立場に就いている者として、真実を 明らかにする最大限の努力をされますように。関係者はもちろん、多くの国民が注目しているのです。誠心誠 意取り組み裁判所のあるべき姿を見せてください。(07.5.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
やせがえる まけるな一茶 これにあり(07.5.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
趣旨に賛同し、署名いたします(07.5.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一日でも早い再審の実現と無罪判決を求めます。疑わしきは罰せず、民主主義の基本です。(07.5.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
署名する機会を与えてくださって感謝いたします。微力ながら応援いたします。(07.5.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪が一日も早く晴れることを願っています。(07.5.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
20数年前でしたか、狭山現地調査に行ったことを思い出します。
いまだ無罪判決が出ないことに憤りを感じます。石川さん、それに皆さんの戦いに敬意を表します。現役を退職 していますが自分の生活の場で共に戦っていきたいと思います。頑張りましょう!(07.5.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
有罪判決に疑問を抱かせる事実関係が多すぎると思います。ぜひ事実調べを実施して、再審を行い、疑う余地 のない判決により、司法の権威を回復してくださるようにお願いします。(07.5.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
無罪を勝ち取るまで、頑張ってください。応援しています。(07.5.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
何としても再審を勝ち取りたいですね。東京高裁よ、人権感覚を呼び覚ませ!!(07.5.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
常に、権力は無実の罪を罪人にしてしまう可能性を秘めています。それを防止するべきは司法の独立です。
適法手続きの遵守の原則が守られていなかったのであれば、それを正して欲しいと思います。なにとぞよろし くお願いいたします。(07.5.20)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
警察と裁判所を少しは良いほうに変えていくぞ(07.5.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所・検察庁は真実に目をそむけないでほしい。良心があるなら事実調べと証拠開示、そして、裁判官検察 官は狭山現地に行き現地調査をしてほしい。
石川さん夫妻とともにこれからも闘っていく(07.5.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の事実調べを求める趣旨に賛同します。(07.5.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
これまでも、さまざまな「冤罪」を強く推測させる証拠が提示されてきました。すみやかに再審を開始し、公 正な判断がされることを強く願ってやみません。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の司法はその名に賭けて、無実の石川さんに人生を返しなさい!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
少しでも力になれればと思っています。ともにがんばりましょう。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を勝ち取るまでがんばります。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
是が非でも再審の開始を要求します。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
明日の集会に参加できずすみません。ないものはない、間違いは間違いという自明のことに声をあげ続けてい きたい。狭山の風は疾風(はやて)となって吹くぞ。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な裁判を願って、再審の決定を求めます。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
恥ずかしながら、この事件の事を詳しく知ったのは最近です。しかし、今の気持ちは確かです。真実を伝えて いく事が我々のするべき事ではないでしょうか。再審を勝ち取りましょう!!!!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
人は死ぬまで愚かです。そんな愚か人が人を裁くには、釈迦の言うように慈悲の心がなくてはなりません。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
長い粘り強い闘いに頭が下がります。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
オンライン署名をさせていただきます。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本国の名誉のため、東京高裁が事実調べをし、公正な再審を行うよう求める。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
殘念ながら 行きたくてもかなりの遠方なので交通費等の都合で直接の參加をする事は出來ませんけれども,“1 人は萬人のために,萬人は1人のために.”のスローガンのもとで 共に司法を始めとする行政の権力に對して抗 しませう!!“石川 一雄 さん の見えぬ手錠が無くなる事は,我々が抱きがちな無関心や他人事(ひとごと)と 云う氣もちも 又 打破をされる筈なのである.(o^冖^o) MEGMONこと永田 惠 (めぐむ) ・三木(市)在住 連絡先(笑) … http://www.geocities.jp/megumu_nagata/(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私が生まれてはじめて取り組んだ署名が狭山事件でした。もう20年以上も前の大学生の頃です。そしてまだ 今も、こうして署名をしなければならないことに、権力への大きな怒りと、石川さんへ申し訳ないような気持 ちでいっぱいです。先日亡くなった私の友人も、石川さんのことをずっと気にしてました。どうか全面的な名 誉回復を石川さんに!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
部落解放を目指して日々活動をしていきます。我ら解放の仲間よ集まれ。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
ともにがんばります。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
みんなで見よう「青い空」!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実に光が差すことを祈る!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山集会 小学校のとき私も行ったがんばろー!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
とにかく早く無罪であることを確定させてほしい。裁判で検察から示されたどんな証拠も説得力を持たないもの ばかりである。なぜ採用されているのか全く理解できない。こんな判決が日本に存在することが恥ずかしくてた まらない。石川さんの時間は帰らない。これからの時間を1分でも1秒でも早く確保すべきである。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんが無罪を勝ち取って遊びに来てくれる日を楽しみにしています。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の裁判所が、国際人権基準を満たす能力と意思を示すことを信じて。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事実調べや検察の証拠の開示をおこない、公正・公平な裁判、再審を開始を願います。無実は明白です!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんが不当逮捕されて、明日で、44年になります。石川さんの無実を示す証拠があるにもかかわらず、東 京高検は開示しません。1日も早く、再審が開始されることを求めます。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
明日は5・23。石川さんの無罪を勝ち取ろうと、今年も解放子ども会の子どもたちがビラ配りをします!中 1の娘は、小学校の時とはちがう緊張感をもっているようですが、自分にできる行動ということで自信に満ち て明日に臨んでいるようです。私も親として、大人として、自分にできる行動を見つけ、実践していきたいと 思います。ともにがんばりましょう!!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
無実だということは明白。一日も早く無実であるという判決が出されるように審理をお願いしたい。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
明日の市民集会、頑張ってください!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な事実調べ、そして再審の開始を望みます。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私は明日初めて、ビラ配りをする予定です。まず出来ることからはじめます。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
国民として、安心してくらせる日本を作りたいです。安心して信頼できる司法・裁判を心から望みます。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
明日の中央集会に参加します。石川さんの無念を晴らすために共にがんばりましょう!(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
最近、マイノリティの意見を聞かず、弱者切捨ての国の政策には憤りを感じています。ともにがんばりましょう。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件に関わる現地調査や学集会に参加するなかで掛け替えのないなかま達との出会いがありました。「お かしい事は、おかしい!」今のこの時代にそう叫ぶ事は大切ですね。(07.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一部の人間の怠慢で、法と正義が支配が崩れることをもっとも危惧します。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
脅迫状、自白、証拠のいずれをとっても、狭山事件の裁判と決定は疑問だらけである。その疑問を解明するに は、再審開始しかない。今こそ、開かずの門は開かれるべきだ。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事件のことを知れば知るほど、判決には疑問を抱きます。再審を求めます。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
22日の夕方過ぎ、たまたま池袋に来たときに奥さんの訴えを聞きました。私も力になりたいです。
署名に間に合ってよかったです。絶対に無罪を勝ち取りましょう!!(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんが無実であることはみんなが知っている!石川さんは無実だ!直ちに再審を!(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私は石川さんを無実だと信じています。従って、東京高等裁判所が、鑑定人尋問や現場検証などの事実調べを おこない、狭山事件の再審を開始するよう求めます。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんが 選挙に関わり、自由に外国へ行く至極当然な生活を めざして。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんを信じているだけでなく、あれだけの無実の状況証拠があるのに再審が認められないのは全くおかしな ことと思います。差別裁判の事実を権力の立場から認めず、押し通そうとする国家権力のエゴとしか言い様があ りませんが、それに押し潰されてはならないと思います。一緒にがんばりましょう。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私が「今できることが何か」を考えて頑張ります。皆さんと一緒に。頑張りましょう。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く再審が開始され、冤罪が晴らせられることを願っています。検察はすべての証拠を開示すべきです。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
差別をもとに行われた捜査を許すことはできません。皆の力で再審の道を開きましょう!(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
公平に正義が実行され、人権が守られる事を心より願っております。御互いに相手の立場を思いやれる優しい 国を取り戻したいです。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
“もし自分だったら”そう考えられる人は警察の中にいなかったのでしょうか。私でも役に立てればと思い署 名致しました。友人・家族にも声を掛けてみます。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一刻も早く石川さんの無罪が証明されることを願っています。(07.5.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
再審請求が早急に受け入れられることを祈ります。(07.5.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
当たり前のことが当たり前に行われる国に!それにしても失われた時間はあまりにも大きい。このようなこと はこれが最後にすべき。(07.5.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
メッセージ = どこまでも真実を追究する姿勢が国の信頼と安心につながると思います。この国に生きる私たち は、被差別部落出身者が味わう二重三重の差別に対して真摯に向き合わなければなりません。(07.5.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
いつ自分や家族が冤罪のを受けるか不安です。権力区をもった人たちが社会を自分達のために思うままにコン トロールしようとするとき、また暗黒の時代が始まろうとするのですね。(07.5.25)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんにとり余りにも長い年月を取り返す事は出来ませんが、一刻も早く再審が開始され公正な判決が出る 事を念じています。二度とこのようなことが起ってはならないと思います。(07.5.25)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一刻も早く再審させていただけますように、願っております!(07.5.25)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
実態のつかめない「国家権力・組織のプライド」というつまらないもののために犠牲になる人たちの中に、自 分もいつでも入る可能性があると思っています。そういった問題がなくなるように願っております。
石川さんの自由ができるだけ早く訪れますように、そして人権侵害・差別の意識がもたらす冷酷な問題を考え る人たちが増えて、この国であたたかい気持ちで暮らし続けられるように、微力ですが応援させていただきた いと思います。(07.5.26)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄氏の再審を強く求めます。(07.5.27)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
鎌田慧著「狭山事件」を読み、ショックを受けました。なんとしても無実を勝ち取るために、頑張ってくださ い。といっても、いつもいつも頑張り続けていらしたんですよね。なにも知らなかった私にもなにかお手伝い できたら・・・と思います。子どもたちにも本を薦めてみました。きっと無実が証明されると信じて応援して おります。(07.5.30)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
不合理な判決は許せません 権力の横暴も許せません(07.6.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私は被差別部落の人間ではありません。
なのに、ですよ?どう考えても強引なこじつけ捜査と、それを認めちゃった判決だと思えました。私は事件当時 の事は知らない世代です。
…過ちを認める事は格好悪い事じゃあないですよ。特にこの件に関しては潔く認めた方がカッコイイと思うので すけれど。
  今はインターネット社会です。こんなどーでもいい一般凡人がネットサーフィンふらふらしてうちに、事件の詳 細を知る事のできる世の中になっているのですから。このまま放っておくのは明らかにマズイでしょう。
受け入れてしまうと社会的にいろいろ面倒くさい事が生じるのだとは思います。定年後の収入とかもあるのかも しれないし、家族の生活も守らなきゃいけないし。。誰だって安心して生きたいし、出世もしたい。人生ややこ しいです。
でも、このままでいいのでしょうか?よくないです。
判決、捜査された方々も、は自分がさてお墓に入る時に後悔するのではないでしょうか?こんな因果な事をして。
…と親戚が坊主だらけで「業」を信じる私は思います。
認めた方が苦しみが伴っても、後が爽やかな気持ちになれるはずです。大変な事の後には喜びが必ずきますよ。
大変な事になっても私なら正義を貫きます。実は皆様も本当はそうしたいと思っているのではないのかなぁ…、 と勝手に憶測しています。
  この判決がひっくり返ったら、皆さんはネットでヒーローとして称え続けられると思います。
 …青二才が長文失礼いたしました。(07.7.10)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
48歳主婦です。33年埼玉に住んで「狭山事件」の名前だけは知ってましたが、今回 http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/sayama/index.html のサイトを見て、ずさんな捜査・裁判の実態を知りました!無実を信じています!再審請求がんばりましょう!!!(07.7.17)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの無実は明白です。事実調べや証人尋問の回避、また証拠物件の隠匿は、石川さんが無実であるこ との証明を怖れるものによる権力犯罪であると確信しています。「見えない手錠」をとく日までがんばりましょ う!(07.7.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
ありふれた言葉ですががんばってください。再審請求が受理され無罪判決が確定する日は必ず来ると信じてま す。(07.7.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
どう考えてもおかしいことだと思います。司法の正常化を求めて署名します。(07.9.1)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の裁判制度に汚点を残さぬよう速やかな再審を望みます。(07.9.1)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
頑張ってくださいとしか言えません。
仮に、再審が通って、無実を勝ち取ったとしても、
石川さんが失った、多くの時間は取り戻せないけれど、
信じています。
見えない鎖から解き放たれて、
ゆるぎない誇りを胸に生きれる一瞬が来ることを。
頑張ってください。(07.9.28)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
地方公務員ですが、20数年前、職場の友人に誘われて初めて「狭山現調」に参加しました。参加する前は、 「司法の判断」に「行政関係者」が批判するのは問題あると考えていましたので義理で参加しました。
だけど、だけど、現地調査を体験して本当にショックでした。石川一雄さんが自供したというルートを実際 に歩いた結果、本当に石川さんが犯人なら「石川さんは超人や!」と思いました。そして、確信しました。 「石川一雄さんは絶対に犯人やない!と。自分自身の体を通して実感しました。
それ以来、私は自信を持って「狭山事件」は「差別裁判事件である」と、私の家族や友人たちも含め周囲の 人々に話をするようになりました。(07.10.6)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
富山の冤罪事件に対する無罪判決が出ましたが、そもそも冤罪判決を起こした元の事件を審理した法曹三者の罪 も問われないなんて、一体なんでしょう!柳原浩さんを無罪にして済む問題ではないでしょう。元の事件を担当 した者等の罪を問われなければなりません。
静岡の袴田事件も私は、冤罪と確信しています。この事件で有罪になれば、死刑は免れないものと判断します。 それを百も承知で袴田さんを犯人に仕立て上げたとすれば、法曹は、殺人罪を犯しているのです。
石川さんの苦しみは、痛いほど解かります。しかし、御自分だけの問題に止まらず、日本の法曹界の腐敗の実態 に迫ってください。(07.10.11)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私が高校生の頃から関心を持っている事件です。本年9月の定年退職を機にもっと関心を深めてみたいと思って います。(07.10.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
事件当夜、被害者宅を尋ねたという証言がありますが、もしかしてそれ自体も他の「証拠」と同様に捏造されて いるのではないかと思います。(07.10.30)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
昨日新宿駅での呼びかけで署名活動を知り、このサイトに来ました。私も公正な裁判を求め、署名いたします。(07.10.31)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
疑問が多すぎる事件だと思います。このままにしてはいけないと思います。(07.11.9)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私たちは、小倉の地で"狭山事件をかんがえる北九州市民の会"を結成して、毎月23日の狭山ニーサンデーに小 倉駅前で座り込みをしています。石川一雄さんは無実です。今次の再審を何としても開始させ、石川さんの無実 決定を出させる為、頑張りましょう。(07.11.15)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
がんばってください!!(07.11.17)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
ずっと狭山事件の不可解さを感じてきて、会社の友人と語り合ってきました。それなら実際に現地に行ってみよ うと10月以来3回行き、先日は石川さんご本人にも会い、再現された鴨居も見てきました。では真犯人は誰かと いう推理に思いに発展しがちですが、石川さんの無実を晴らすという原点を忘れてはならないと思います。(07.11.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実です。なぜ、警察・検察・裁判所は事実を見ないのか。公正な裁判を実現しましょう。(07.11.25)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
警察の名誉のために無実の人が犠牲になるのは許せません。(07.12.14)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
はじめてあなたを知ったのはいとこの姉が歌っていた。「♪石川青年とりもどそう〜♪」という歌でした。私は 小さいながら何か悲しい歌だなって思いそれからあなたの事を解放会館等で自分で勉強してしりました。あれか ら約25年、政府はいまだにほったらかし、こんな事があっていいのか!福田総理はただちに再審の判断をくだ せ!!石川さんがんばってください。天網恢恢(カイカイ)疎(ソ)にして漏らさず(08.1.2)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
以前から関心はありましたが、この度まんが狭山事件を読み改めてこの社会において、このような冤罪が当たり 前に発生する恐ろしさを感じました。帝銀事件しかり、被疑者には起こせない事件なのは理路整然と判明される のに、犯人に仕立て上げられる現実の恐ろしさ、司法とは誰の為にあるのか?(08.1.3)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を信じています。日本が一人一人を尊重する国家になり、再審が行われることを願います。(08.1.9)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件のことをきいたとき、あまりにもむごい事件だと思いました。
この様な事件があってはならない世の中になることを願っています。
そして、私はこれくらいのことしかできないけれど、狭山事件の公正な裁判、事実調べが一刻も早くなされるこ とを、心から願っています。(08.1.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
警察・検察・裁判所は、前例を機械的に踏襲しプライドを保ちたいのかもしれないが、結果は棄却の決定で国内 外からの失笑を買い、軽蔑され、信頼されなくなる結果を招いています。
彼らが自覚すべき事は、事実を明らかにし、公平な裁判・捜査を行うことこそが「威信」に繋がるという事です。(08.2.3)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所は物的証拠をもとに科学的客観的に公正な判断で裁判を行え。
予断と偏見による差別裁判をするな。無実を証明する物的証拠が新しく出ている以上再審を行え。
再審を実現させ、無罪判決を勝ち取ろう!(08.2.28)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判員制度が近づくなかで、今の日本の司法を変えていかねばならないことを日本国民に広く訴えましょう。(08.3.8)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
ほんとに信じられません。つくづく今の日本社会の立法・行政・そして司法が誰のためにあるのかと思います。 原則を大事なことを覆い隠すために、改革また民営化そしてさらに裁判員制度に至っては国民をマインドコント ロールしていくには便利な装置です。さらに恐ろしい社会に向かっているのではと危惧しているものです。(08.3.12)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
頑張ってください応援してます(08.3.23)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
必ず再審がおこなわれることを祈念しています。(08.4.13)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
一日でも早く事実調べと検察官手持ち証拠の開示が行われ、再審が開始されることを望みます。そうすれば石川 さんの無実が証明されることは間違いないでしょう。検察官は先輩に遠慮せず正しいことを行うべきです。
狭山事件について書かれた本を読んで憤りを感じました。埼玉県警の警察官たちの力不足に呆れました。石川さ んを犯人と決め付け、そのシナリオに合うよう証拠をでっち上げたり、長時間・深夜に及ぶ取調べを行ったり、 挙句は誘導尋問を行って調書を作成したりと恥の上塗りにも程があります。検察がその調書に基づいて起訴し て石川さんに死刑判決を下したということは、捜査当局が犯人であってもらいたい人物は根拠が無くとも有罪 になるということであり、慄然とします。(08.5.3)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
昨日図書館で何気なく殿岡さんの「狭山事件の真犯人」を借りて読んだところ引き込まれ一気に読み終えまし た、書生56歳ですが事件のことを知らなくてびっくりしました、現実の出来事だとわかって自分も何か協力 出来ないかと思っています。石川さんの再審を祈っています。(08.5.6)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
どんな事実や結果が出るにしろ、公平でない捜査や裁判には納得がいきません。だれの目から見ても公明正大 な裁判が行われることを望みます。(08.5.21)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実を何よりも大切にするべきだ。どうか冤罪のない世の中にしたい。
頑張ってください!!(08.5.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
高校時代、この冤罪を知りました。30年前たちました。一日も早い再審を願います。(08.6.9)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は、石川さん個人の問題ではなく、また、部落民だけの問題でもなく「あらゆる差別の根源」が狭山 事件に濃縮され社会に反映されたものであることをコンセプトとして捉えていかなければ、第2、第3の狭山事 件が発生する私たちは、狭山事件を勝ち取る事でこの突破口を切り開き、「あらゆる差別の根源」を無くすた め ありとあらゆる手段を使って狭山事件を勝ち取りましょう!(08.6.11)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
  国が個人を苦しめることはあってはならないと思います。石川さん、頑張ってください。(08.6.22)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な裁判−事実調べを求めます。(08.6.24)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件を今日まで一切知らなかった世代だが、同じ狭山市民として当時の狭山警察が石川さんにしたことは許 しがたく、今も真犯人が市内でのうのうと暮らしていると思うと、石川さんがいま味わっている苦しみがいたた まれない。今後同じ被害を繰り返さないためにも署名に協力させていただきます。(08.8.3)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
頑張ってください。(08.8.9)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
英断をお願いします。
勇気のある国家公務員になってください。(08.8.18)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私がこの事件を知ったのは高校生の頃ですが、あれから20年以上の年月が経過していることに、我が国の司法 の歪みを感じます。再審決定、心よりお祈り申し上げます。(08.8.31)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
免罪事件には、本当に怒りを覚えます。再審が少しでも早く認められるよう、心より、お祈りします。日弁連も もっと、本腰をいれてとりくみべきです。 (08.9.9)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
真実は一つです。
応援しています!(08.9.30)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
30数年前の現地調査に参加し、改めて石川さんの無罪を確信しました。(08.10.4)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
私は出身地大阪で小学生のときに石川さんの無罪をはらそう、と小学校が運動をしていたので、よく覚えていま す。それが、いまだに解決されていないのですね。本を二年前に図書館で見つけて読みました。それから、その 後の状況を探そうと思いつつ今日になってしまいました。応援しています。(08.10.7)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山第三次再審闘争の勝利に向けて頑張りましょう(08.10.19)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
まるで関係ないと思うかもしれないけど、「いのちの食べかた」って本で少し狭山事件のことが書いてあった。
それを読んだ後すぐに横浜で「再審を求める」ビラをもらった。(偶然)
うまく説明できない。その本を読んだらわかるけど。
部落差別が転じて起きたこの免罪事件を政府が認めないと、
戦争がまた起こってしまう。
戦争は差別が転じて起きたものだ。
そしてこの免罪事件も。
役人の人たちに免罪になった人の気持ちをちょっとでも考えてみてほしい。
もし、自分がそうなったらと。
完璧にその人の気持ちはわからないけど。
考えても嫌じゃないでしょうか?
濡衣で30年以上も自分がムショに入るなんて。
嫌だと思うなら再審するべきだし。
嫌じゃないと言えるなら代わりに
ムショに入ってみてもいいんじゃないでしょうか?
たとえ昔の上司の免罪事件でも自分がおかしいと思うなら
それを今から訂正してもいいと思います。(08.10.29)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
必ず無念を晴らしてください。応援しています。みんなで、みんなで、がんばりましょう!(08.11.1)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
志布志事件をネットで見ているうちにこの事件にたどり着きました。この署名が日本の司法制度の改善につなが ればと思います。(08.11.03)
------------------------------------------------------------------------------------------------
-署名活動に参加するのは、生まれて初めてです。
理不尽な時間を過ごされた石川氏にどのようなメッセージを送っても陳腐なものになりそうです・・・。
どうかご自愛下さいますようお祈り申し上げます。(08.11.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
雑誌の連載で狭山事件について詳しく知りました。不明な点や、納得いかない点が多すぎます。再審されること を強く願います。
この事件にきちんと決着がつくことで、今後の裁判や冤罪事件も変わっていくんだと思います。(08.11.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事件を知った時は興味本位でしたが、詳しいことを調べていく内に捜査の杜撰さ、不明瞭さを知ってますます 憤りを感じるようになりました。再審を求めます。(08.11.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
歴史に埋もれないようにつねに新たな気持ちで取り組んでいきましょう!(09.1.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
僕は今中学2年生です。数週間前に両親からこの事件の事を聞いて、非常に胸が苦しい思いになりました。当 時40人居たにも関わらず犯人を逃がしてしまい、残虐な結末になってしまった事、そして石川一雄さんを決定 的な証拠も無く犯人にでっち上げた日本の警察が本当に許せません。
日本は戦争が終わって本当に平和な時代になったんだなと感じましたが、人々がきちんと理解しあって生きて いく本当の平和というものは訪れていないと思います。
僕も全力で応援しています。必ず無罪を勝ち取ってください。(09.1.12)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪の人に罪を被せる事は許されない事です。一刻も早く真実を明らかにしてほしいです。(09.1.16)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日でも早く再審を開始するよう願います。(09.1.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
頑張ってください!! 多くの人があなたが無実であると信じています。
多くの人があなたの味方です。(09.1.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
あらゆる点から考えて、狭山事件は偏見と差別に起因する冤罪であり、警察・検察・裁判所という国家権力 機関による権力犯罪であると言わざるを得ない。これを断固糾弾する!(09.1.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
この不当な逮捕と判決は、今何事も無く暮らしている私達にとっても大変な危機であると言えます。いつ自身の 身に降りかかるかしれません。
微力ではありますが、応援させていただきます。(09.2.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの無実を証明する証拠がこれだけたくさん出そろっている以上、裁判所は再審をしなくてはいけな い。(09.2.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
恐れながら最近にして事件を知りました。権力の都合により1個人の人権が黙殺されることがあってはなりませ ん。憲法の番人であるならば、狭山事件に関して速やかに再審に入るよう、司法当局に強く求めます。(09.3.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の警察権力の非道さには呆れるばかり。裁判所も同様に思えます。冤罪がこの国から完全に無くなりますよ うに、、、(09.4.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
私は子供のころから狭山事件(並びに数多の冤罪事件)の存在を知りながら、大人になっても支援活動には携わ りませんでした。
そのことを本当に申し訳なく思っています。(09.5.9)
------------------------------------------------------------------------------------------------
現代の技術で真相を解明してほしい(09.5.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
日本が真の公正な民主国家になる日まで、私も戦いに参加します。−決して真実(事実)を覆されたり、 捻じ曲げられてはならない。−(09.5.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
あきらめないでがんばってください。(09.5.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
2003年から病気になり、今年まで狭山の闘争から離れていたことを後悔しております。牧師をしておりますが、 昨日の礼拝の説教の中で、石川さんが無罪であることを聖書に関連させ話しました。キリスト者としてできるこ との一つは、再審の門戸が開かれ、石川さんの無罪が確定することを、毎日祈り、そして、できる行動をなして いくことであると語りました。それは、私自身への語りかけでもありました。1日も早く再審の門戸が開かれる ように、がんばりましょう。(09.5.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く、見えない手錠から開放される事を、お祈りしています。
石川さん、奥様、また支援団体の皆様のご健闘とご健康をお祈りしています(09.5.26)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの無実を信じています。(09.6.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
諦めないで頑張ってください。(09.6.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件のことはかなり昔から知っておりましたが、このような運動が連綿と継続していることを知り頭の下 がる思いです、反省を込め署名させていただきます。不条理は権力と結びつくと最強の力となり最悪の結果とな ります、これに抗するものは力無きものがそれぞれに人間として生きようとする気持ちと行動だけです。がんば ります。(09.6.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの事件の事を改めて勉強させていただきました。正しいものは正しい。間違っているものは間違ってい るのです。やはり、自分の子供に、日本の将来を担うであろう日本中の、いえ世界中の子供達にそう教えたいの です。正しい者が勝つという教育をしていきたいのです。石川さん、私も応援しています。絶対に無実を認めさ せましょう。間違っていたと謝ってもらいましょう。頑張りましょう。(09.6.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
真実に光があたりそれが白日のもとに明かされることを真に願います。(09.7.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所は無実の石川さんの再審を認め、速やかに冤罪を晴らすよう要求します。(09.7.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
1日も早く再審を開始してください。密室の取調べがガラスばりの取調べになるように願っています。石川さん が無実である証拠はたくさんあります。
脅迫状の筆跡は、一般人が見ても、子どもが見ても、犯人のものと石川さんのものと違っていることがわかりま す。他にも数々の証拠があります。再審を開始し、罪なき石川さんの無念を晴らして欲しいです。(09.7.31)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無罪です(09.8.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
滑稽きわまる判決の破棄と、新しい証拠に基づく再審の開始を早急に求めます。(09.8.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
無実の人がこれ以上、冤罪で苦しむ事がない世の中になりますように。
一見混沌とした世の中ですが、その中でも光は見えつつあると思います。
思うにこの暗さも夜明け前の暗さなのでしょう・・・。(09.9.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなひどいことが現在の日本にあってよいのだろうか。こんなひどいことが放置されつづけてよいのだろうか。 こんなひどい人権侵害がまかり通っていてよいのだろうか。国家のおかした過ちは、市民の手で正されなければ ならない。国家の責任を追及したい。公正で厳正な再審を求めます。(09.9.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの人生、幸せで安心して眠れる事。
闘いが終わり安息の日が続き、将来の夢に向かって自分を生きられる事。
心より願い、私1人では世の中を変えることは難しいかもしれないけれど、お力になれるよう、小さいながら私 も奮起します。(09.9.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
絶対にこのままではいけません。石川さんは無実です。冤罪の恐ろしさを強く感じます。
一日でも一時間でも、一分でも、一秒でも早く再審の扉をひらいてください。(09.9.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
私が生まれる遥か前の事件ですが、事件・裁判の経過を知り、疑問に感じることだらけです。疑問に感じない 人はいないと思います。
証拠の開示によって1日も早く「真実」が明らかになることを願います。
石川さん、がんばってください。(09.10.19)
------------------------------------------------------------------------------------------------
ずっとずっと事件の解決と石川さんの無実を願ってきました。
新証拠開示が再審へのきっかけとなりますように。(09.12.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
35年近く前に現地調査に行き石川一雄さんの無実を確信しました。今も苦しむ石川一雄さんの無実を立証できる よう再審を開始するよう求めます。(09.12.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
寺尾判決以前から石川さんは無罪であると確信いています。狭山事件は冤罪のなにものでもないのです。第3次 再審請求を連帯して勝ち取りましょう。(09.12.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
30年近くずっと注目していました。国家権力による差別と冤罪の実態を白日の下に晒してください。
新証拠開示勧告は大きな前進であり、真実の解明につながると信じています。最後まで頑張ってください。(09.12.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
30歳頃より狭山事件の本を読み漁りました。最近ネットで狭山事件を見てまだこんな事をやっているのかと 馬鹿馬鹿しくなりました。冤罪ははっきりしているのに又真犯人も殆ど分かっていると思います。早く菅家さ んのように自由の身になるよう署名します。応援します。(09.12.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
無罪を勝ち取るまであきらめずに頑張ってください。応援しています。(09.12.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
無罪を勝ち取るまであきらめずに頑張ってください。(09.12.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
いかに日本の裁判が不公正か、それにより冤罪が数多くあるか、裁判所が自らを質して欲しいと思います。 行政、警察の意のままである裁判所に司法の独立はあるのでしょうか?人権の擁護の精神はあるのでしょうか? かくも長きにわたり冤罪の苦しむ人を救えぬとは犯罪者と同罪です。(10.1.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山で育って20年余り、どこか気にし続けてきました。特に公権力だけでなく、群集心理の恐ろしさを感じてい ます。がんばってください。(10.2.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
新証拠開示勧告をバネに、連帯(署名)の力で最新の扉を開こう!(10.2.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
警察と検察の権力は、罪のない人を罪人にするためのものではないはず。
どう見ても冤罪と分かるのに、非常に幼稚なやり方で、石川さんの大切な青春時代を奪い、監獄に閉じ込めて おいて、知らんふり・・間違いを間違いだったと認める勇気を持てない人間が司法に携わっていることが 情けない。(10.2.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く再審が開始され、正等な裁判が行われ、石川さんの無実が明らかになることを望みます。(10.2.22)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判長が岡田雄一裁判長に交代したとのことを知り、東京高検の証拠開示にどのように影響するのかわかりませんが、 良き方向へ行くようにと願います。一日も早く再審が開始されることを望みます。(10.2.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
証拠開示勧告をされたこと、ありがとうございました。これからも司法の透明性と情報公開をしてください。 47年もの間、無実の罪を着せられている石川一雄さんの人権を大切にしてください。冤罪が多くあることは、 菅家さんの訴えでよくわかられていると思います。(10.3.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実だと思います。信じています。勝利まで歩み続けてください。(10.3.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
今度こそ、狭山再審の実現を勝ち取りましょう!(10.4.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
皆様のエネルギーに感服いたします。(10.4.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
なにより検察側は、1人の人間の人生における46年という歳月の大きさを、我が身に置き換えてかみしめる べきだと思います。(10.4.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は、当初から杜撰な捜査が疑われ、差別意識に基づく偏見による決め付け捜査によるものと考えます。 最高裁は過去の経緯にとらわれず再審を決断すべきです。いつまでもこのような状況が続くことは、日本社会は 人権意識が余りにも低すぎる、と批判されるでしょう。司法も進化すべきです。(10.5.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
以前狭山市に済んでいたものです。本も読みました。でっちあげと思います。頑張ってください。(10.5.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件を大変興味深く見ております。人生の長い時間を失ってしまった石川さんの無念も勿論ですが、亡くな られた被害者の方も、このような形で決着してしまう事は大変無念であると思います。事件当時を知る方も少な くなってきてしまった今、なんとか早く、真実を明らかに出来ないものか・・・。そうでないと、事件に巻き込 まれた方々全てが不幸です。また、このような冤罪事件をこれ以上増やさないための、良き教訓とならなければ、 この事件の関係者がまったく報われないと思います。どうかがんばってください!!(10.6.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんが別件逮捕されてから、既に47年、仮出獄させたとはいえ、見えない手錠をはめられ、見えない獄につ ながれています。脅迫状と石川さんの自筆のものを、普通の目で見れば、鑑定をするまでもなく、違うことはわか ります。
私の住む静岡県で戦後5件の冤罪事件があります。まだ無罪を勝ち取ってないのが、袴田事件です。1966年清 水市で起こった味噌会社専務一家4人殺人事件で、無実のプロボクサー袴田巌さんが犯人にデッチアゲられ、自白 を強要され、裁判では一貫して無実を主張しましたが、死刑判決を受けました。現在静岡地裁に、第二次再審請求 です。
事件から1年以上してから突如、血染めの衣料が「発見」されましたが、ズボンは小さ過ぎて、袴田さんにははけ ません。狭山事件の万年筆などなどのように、証拠がねつ造されたのです。
5月28日三者協議が行われたなかで、弁護団の証拠開示要求に対し、静岡地裁は検察官に証拠ねつ造の疑いを晴 らすようにようにしたほうがよいと指導、検察は開示に前向けな姿勢をみせたと、弁護団は発表しました。
死刑囚として囚われの身となってからでも30年以上たち、袴田さんは死刑への恐怖と長期拘禁から、精神を蝕ま れ、心神喪失の状態におちいらされました。刑訴法479条により、法務大臣は刑の執行停止を命じなければならな いのに、福田は命令を出そうとしません。
狭山事件も袴田事件も共に、検察の隠し持つ全証拠の開示と裁判所の事実審理と再審開始決定を一日も早く勝ち取 りましょう!(10.6.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一人の人間の人権をどうか守るべく働きかけてください。疑いのある事実をほっとくことは許されません。 是非狭山事件の再審を行なってください。(10.6.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
ずっと以前から狭山差別裁判糾弾の取り組みに強い関心と関わりを持ってきました。一刻も早く、再審が開始され、 不当で誤った判決が取り消され、石川さんの名誉が回復されるよう願っています。(10.7.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの無実を信じ、1日も早く再審開始が決定されることを願っております。石川さんの冤罪を晴らさず して、日本の司法は信頼できるものではありません。(10.8.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
今日、2010年9月10日。東京地方裁判所前で狭山事件の再審を訴えるチラシを運動員の方にもらい初めてこの事件の ことを知りました。24歳で証拠もなく逮捕され32年間も収監され…、無実の訴えも聞き入れない…。想像を絶しま す。どうか、足利事件に続いて石川さんの人権・人生を復権してほしいです。警察および検察の方には、自らを回 顧し組織擁護を放棄し真実の追究をしてほしいと思います。冤罪を絶対出さないためにも、万が一出してしまって も“疑わしくは罰せず”にフレキシブルに軌道修正し、冤罪にかくれた 真犯人を追うことに全力をつくしてほしい。(10.9.10)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を信じて、応援しています。(10.10.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんが1日も早く無実判決を勝ち得るよう、願っております。(10.10.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
お体に気を付けて、頑張って闘って下さい。応援しています。(10.12.16)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実だと思います。早く狭山事件の再審が開始されるよう願っています。(11.2.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
警察組織の保身のために石川さんが有罪となったのなら、それは決して許されないことです。事件捜査の実態を明 らかにすることは、被害者・中田善枝さんに報いることでもあると私は信じます。(11.2.19)
------------------------------------------------------------------------------------------------
非科学的で、頑迷な司法の判断は許せません。
事件発生当時に、予断と偏見に基づいて事実無根の報道をした各新聞社も正式に謝罪すべきです。恐るべき人権 侵害です。苦難の中、独学ですごい力をつけた石川さんを心から尊敬いたします。(11.3.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
こんな権力でどうにでも、道義に反する事がまかり通るとは。つくづく人間という存在に対して、失望してしまい ます。どんなに弱い立場の人間で、真実を認めることに何のメリットもないと感じられたとしても、不当に自由を 奪い、名誉を傷つけることは、もはや既に、狭山さんにも真実に対しても、償いきれない罪を犯していると言って も、決して過言ではないでしょう。幸いにも、真実を明らかにし、正義を実現出来る力のある立場におられる方 は、人としての誇りをお持ちならば、正義を担う人間として、持てる力の責任を果たされるべきだと考えます。(11.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
警察・検察・裁判所の結託によって全く関係のない人を罪人に仕立て上げ牢獄に30年以上もぶち込み人の一生を台無しにした。 その罪は到底許すこのが出来ない。彼らの横暴に市民の力で跳ね返そう!(11.6.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
サンデーフロントラインを観ました。私はこういった検証に詳しいわけではないですが、証拠の全面開示・再審をし てほしいと思いました。これだけのおかしな点がありながら、証拠開示を拒む検察・警察の体制は変わらなくてはい けないと思います。微力でも力になりたいと思い署名しました。応援しています。無実が証明されますように。 (11.6.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を!(11.7.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は日本の司法における最大の恥辱だと思う。(11.8.11)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの冤罪は客観的に明らかです。再審を早急に開始すべきです。裁判所はくだらないプライドを棄て、民主主義(国民主権)を基礎にした社会正義と公正さとによって、自らの行動を律しなければなりません。国民はさもなければ、あなたがたをいっさい信用しなくなるでしょう。検察・警察もしかりです。 (11.10.05)
------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは被告人の利益に」は鉄則には違いないが、何ら「疑わしく」もない石川氏を犯人に仕立て上げた警察及び検察の「犯行」こそ断固糾弾されるべきものだ。彼等は人間のお面を被ってはいるが、“人間”であることを失念した魂の抜け殻にすぎない。(11.10.05)
------------------------------------------------------------------------------------------------
真実を明らかにして下さい。(11.10.05)
------------------------------------------------------------------------------------------------
過去の裁判に固執すれば司法の信頼を失うだけです。過ちを認めることこそ信頼を回復する唯一の道です。国際的に通用しない裁判制度は恥ずかしい。 (11.10.06)
------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件を風化させないでください。(11.10.09)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一人の人間の48年間もの長い時間を思うといたたまれません。どうか一日も早い解決が成される事を望みます。 (11.10.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
応援しています!(11.11.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
この署名ような「民意」によって再審が1日も早く始められる事を、「民主主義」に生きたい者として願うばかりである。 (11.11.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
現代の技術で真相解明して下さい (11.12.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
私は、教師を志す者です。ご存知の通り、教育基本法や日本国憲法には、身分差別のない社会の形成や相手を尊重する姿勢、それに伴う人権等非常に美しい内容の目標や目的が掲げられています。
これから成人してゆく児童生徒には、誤りを認め、正す誠実さを身につけて欲しいと強く感じています。
冤罪とは、非常に卑怯であり許すことの出来ない行動であると考えます。この事件を知るに至り、感謝いたします。(12.1.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
小学生時代に先生から部落差別の話と無実の罪で犯人にされた話を聞き、高学年の頃は何度も狭山事件の話を聞きました。
つい最近イチゴ狩りに狭山に行きましたが、どうしても狭山事件のことが気になりました。 (12.1.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪であることは明らかです。天の神様が本当のことをすべてご存知です。一刻も早く名誉回復がされて自由の身 となられますように、心から願います。(12.2.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
すべての科学的検証が、「石川氏無実」を証明しているのに、「狭山事件」だけなかなか再審が進まないのは、単に 「えん罪」事件ではないからだ。まさに、「差別裁判」なのである。明らかな証拠のでっち上げやあり得ない判決の 論理。再審をすすめれば、この裁判が、すべて「差別」であったことが明らかになることを恐れている。法曹界には、 本当に、「良心」はあるのか。それが問われ続けている。(12.2.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
遅ればせながら参加致します。(12.3.12)
------------------------------------------------------------------------------------------------
遅ればせながら参加致します。(12.3.26)
------------------------------------------------------------------------------------------------
検察は隠し持っている全証拠を開示すべきです。裁判所は再審の門戸を開くべきです。難しいことかもしれませんが、 新聞に狭山事件のことを訴える全面広告を出せないものでしょうか。憲法「改悪」に反対の新聞広告運動もありました。 (私は、今年の5月3日は見かけませんでしたが・・・。)募金などを募って。私もわずかばかりですが、協力したいです。 一人でも多くの人に狭山の真実を知ってもらい、世論を高めていけたらと思います。一日も早く石川一雄さんの無実が 明らかにされますように、毎日祈っています。(12.5.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
こんな理不尽なことがあってよいはずはありません。検察に都合の良い証拠だけが開示され、有罪にリードするような ことでは公正な裁判ができません。すべての証拠開示に基づく公正な裁判を望みます。そして、一日も早く石川さんの無 罪が証明されるよう望みます。(12.5.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な裁判をするためには全ての証拠を開示すべきです。また、狭山事件の背景には部落差別があることを、裁判官に もっとわかってもらわなくてはなりません。(12.6.19)
------------------------------------------------------------------------------------------------
120%冤罪です。警察、検察長、裁判所の国家権力保身体質、そのためなら一人の無実の人間の一生を奪っても構わないという 姿勢にはほとほと失望とともに、大きな怒りを覚えます。(12.7.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石田一義さん(石田養豚場・管理者注)が半年程前に病死しました。(12.9.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事件当時から、捜査と裁判にはあまりにも多くの疑問がありました。きちっとした証拠調べを行って、日本の司法に対する不 信感を少しでも払拭して欲しいものです。こんな裁判によって石川さんに生涯の不名誉を背負わせることは、認められません。 (12.10.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪は明らか。直ちに再審を。(12.10.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
警官、周囲の人達の差別により、無実の人が有罪にされてしまったことは明らか。警察が自白を強要したことは間違いないのに、 取調べをVideoで撮影するという当たり前のことをいまだに警察が行わないのもおかしい。はやく石川さんを救って、二度とこの ようなことがおきないように、警察署にVideoを設置し、弁護士がVideoを確認できるようにすべき。そんなの、どこの国でも当 たり前にやっていることなのに、日本だけやってないのはどうかんがえてもおかしい。(12.10.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
1963年5.23、そして1974年10.31から、あまりにも長い歳月が過ぎ去っています。かつての「石川青年」の無罪を訴えてい た頃から、釈放時の石川さんの姿を見たとき、歴史の過酷さを感じ怒りを覚えました。さらに、それからの年月の長さに 絶望せずに闘いが継続しています。一日も早い再審・無罪の実現を求めます。(13.1.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの不屈の精神に頭が下がります。われわれこそが頑張らねばと思うこと、しきりです。とにかく、冤罪はこの 世から一掃しないと。また、差別裁判は許してはいけない。(13.1.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
公平・公正な裁判を期待します。速やかに再審を開始し、無辜の石川氏の無念を晴らさせるようにお願いしたい。 事件発生から50年、冤罪と闘う「石川青年」が70才に。ひとりの青年の人生を翻弄した国は反省し早期に 無罪判決を実現させよ!(13.1.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
公正さを裁判所に求めなければならないなんて 納税者として悔しい。(13.1.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
応援しています。頑張ってください。(13.2.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
1974年寺尾裁判判決のことはずっと忘れてはいません。高校時代、奈良から毎月のように日比谷小公園に結集 していました。今、何もできていない自分がなさけないです。勝利を勝ち得るまで共に闘います!(13.2.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
1日も早く再審を開始してください。検察はすべての証拠を開示してください(13.2.8)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は40年以上前の高校生時代から冤罪だと信じています。(13.2.11)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一人の大切な人生を台無しにする、差別による不当な取り調べ、正当とは思えない証拠によって罪人に仕立て上げ るなどあってはならないことです。全ての証拠を総合的に正当に評価し判断されるよう、東京高等裁判所が、 狭山事件の再審を開始するよう求めます。(13.2.11)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所はあらゆる冤罪に目をつぶるつもりだろうが、信頼とは強弁によって得られるにではなく、過ちが正される ことが保証されることによってしか得られないのだ。
先の国民審査で冤罪に触れた裁判官は誰もいないのは芯から腐り切っていることを示している。(13.2.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の司法に良心が残っていることを信じています。(13.2.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
無実の人をはやく無罪にできない国は、民主国家ではない。(13.2.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんに1日も早く平和な日々を!(13.2.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所が、市民の人権を守るという本来の役割を果たすよう強く求めます。(13.2.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川氏の無罪を早く確定しなければならないと思います。(13.2.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
共に闘いましょう(13.2.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事件発生当時から、捜査の進展に疑問を持っていました。被疑者の司法に対する無知につけこんだ不正な捜査が 行われた疑いが濃厚でした。適正な捜査が行われたどうかも含めて、再審をお願いします。(13.2.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一雄さんの無実を明らかにするために、再審をお願いします。あらゆる差別のない社会を作るために私も努力 をします。(13.3.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
推定無罪という原則が無視されている今日です。秩序の維持という権力側の都合で裁判が行われてはいけないと 思います。マスコミ自身も権力の補完物になってしまっている現実を反省すべきです。(13.3.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは被告人の利益に」が刑事裁判のモットーです。良心に基づき、公明正大な取り調べをお願いします!(13.3.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さん夫妻と食事させていただいたとき、「無罪を勝ち取るまでは」と一男さんがうどんしか食べられなかった ことを思いだします。国家が部落差別で冤罪を生んだことを認めさせることは難しいでしょうが、 頑張りましょう。(13.3.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪に時効はありません(13.3.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
中学の修学旅行で仙台の駅前に立ったとき、石川さん逮捕の報道を見ました。それから、かなり経って東京で石川 さん冤罪の映画をに見に行きました。日本の冤罪事件はどうしてこれほど多いのかと思います。日本が司法制度に 割いている予算はいわゆる先進国のなかで微々たるものでしかないと友人の弁護士から聞いています。狭山事件 の再審を開始するよう強く求めます。(13.3.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
学生の頃、この事件を知りました。卒業してから35年以上たちますが、その間、全く何も進んでいないことに驚愕 しました。恥ずかしいですが、再審位は進んでいるものと思い込んでいました。信じられません。(13.3.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
どうか一日でも早く無罪が確定しますように。(13.3.8)
------------------------------------------------------------------------------------------------
微力ながら、心から応援致します。(13.3.8)
------------------------------------------------------------------------------------------------
全ての証拠の開示を希望します。(13.3.9)
------------------------------------------------------------------------------------------------
検察官手持ちの証拠の開示をし、鑑定人尋問及び現場検証等の事実調べを行い、再審開始を強く求めます。(13.3.10)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの再審開始を心から願っています。
晴れて無罪が確定したら失われた中学校時代の勉強からやり直したいと話している石川さんのお気持ちを思うと なんとしても冤罪を晴らしてほしいです。
真犯人を身代金授受の場で取り逃がし、警察の威信をかけた捜査が行われました。その無理な操作の中で、万年 筆の不自然な証拠発見経過ほか、やり直すべき事実調べが残っています。(br> ぜひとも再審開始をお願いする次第です。(13.3.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審無罪へ、石川さんと共に闘います。(13.3.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を確信しています。逮捕後50年を迎える今年こそ、再審そして無実を勝ち取ることを願っています。(13.3.26)
------------------------------------------------------------------------------------------------
これは石川さん個人のみならず、この国に生きる全ての人の尊厳をかけた闘いだと思います。ますます生き苦し い国へと閉塞感を増す社会に、カーンと風穴を開けましょう。(13.3.31)
------------------------------------------------------------------------------------------------
間もなく狭山事件事件発生より50年となります。未だに未解決となっております
検察は証拠を小出しでしかも番号が飛び飛びで開示する不可解さです。
つまり検察に不都合な証拠は不見当と言う便利な言葉で拒否してます
言いかえれば検察は石川氏を無実と承知してる証と考えます。
私は公判記録も読み石川氏の無実を確信してますが検察の方は本当に狭山事件の内容を承知してるのでしょうか?
本当は事件そのものを知らないのではないのでしょうか。
検察が全面証拠開示するならば否が応でも再審が必至となることでしょう
ぜひ石川さんが元気なうちに 全面証拠開示をお願いします
現在の検察の対応は法治国家としてとても恥ずべきと言うべきでしょう
検察は無実の人間を陥れる機関ですか?そんな事はないですよね
是非証拠開示して正しい裁判を受けさせてあげて下さい
よろしくお願い申し上げます。(13.4.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
1974年以来、長きにわたって証拠調べなど事実審理を行わないことは、司法による不作為による人権侵害で あり、憲法違反だと思います。
この国に、憲法も、そして司法の正義があることを示すために、一日も早い再審開始決定を、心より求めます。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無罪が確定する事を祈っています。
正義は、必ず勝利する。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪の可能性が高いです。
再審をお願いします。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審開始を強く求めます。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実は、誰もが認めることであろう、しかし、部落差別に起因する冤罪で在るが為に権力は、否定し続けています、そろそろ、往生際良く 冤罪である事実を正直に認めるべきである。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
物証もないのに、こんな永い期間、検察側の主張だけで、容疑者とされている人が犯罪者として扱われている なんて許されてはいけません。公平公正な裁判を求めます。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
当事件は被害者家族の相次ぐ不審死や、万年筆の発見情況も不自然だし、インクの色も相違するなど疑問だらけ です。検察は全ての証拠を開示し、速やかに再審に応じるべきである。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
高校の授業で研究発表の題材に取り上げたのが「狭山冤罪℃膜潤vでした。
事件の酷さについて、授業1コマ分ほとんど喋りっぱなしだったことを覚えています。
石川一雄さんのご健康と完全勝利をお祈り申し上げます。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
警察、検察、法曹の愚かなやり方に激怒を感じる。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんは無罪だと信じています。一度でも現地に行けばわかることと信じます。検察官や裁判官も是非 一度現地に行って見てほしい。そのことによって、この国の民主主義が、確実な一歩を進めたことを印すこと になるでしょう。そして、今も閉ざされがちな部落問題の扉を開く大きな影響力をもつことも信じます。それ はこの国を明るくする確実な光源でもあるでしょう。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山差別裁判糾弾 狭山事件は部落差別にもとづく予断と偏見にもとづく権力犯罪です。東京高裁は無実の石川 さんの一刻も早い再審を開始しなさい。(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
  なんとしても無罪!無罪を勝ち取るしか考えられない!(13.4.7)
------------------------------------------------------------------------------------------------
まだ 間に合ううちに 真実が明らかにしてほしいと思います(13.4.8)
------------------------------------------------------------------------------------------------
(強要)自白と状況証拠による有罪判決自体がおかしいと思います。(13.4.8)
------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な裁判を!(13.4.10)
------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪での反原発・がれき広域処理に反対する人々への不当逮捕の連発、先日観た映画「約束」での死刑囚・奥西 勝さんへの冤罪などなど。この国の司法制度の欠陥が後を絶ちません。国家そのものが反社会的な側面を持つ この国の統治のあり方を根幹から変えなくてはなりません。(13.4.11)
------------------------------------------------------------------------------------------------
「部落解放!石川奪還!」の叫びをあげなくてもよい日が、一日でも早く来ることを、私は願っています。(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審すべきです、忘れてはいけない記憶です(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
司法の威信も、硬直化したら身も蓋もない。冷静に見直し判断ください。きっと、過ちに気付くはずです。(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一人一人の人生に、誠実に向き合う司法であってください。(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く真実が解明されることを祈ります。(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは、大変悔しい思いで長年を過ごしたにもかかわらず、 こちらが元気を頂くほどの笑顔で、集会参加者を見送っていました。
その姿が、いつも心にあります。無罪勝ち取りましょう!(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く無罪が証明されますように。微力ですが署名させていただきます。(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を強く希望します。将来の子供たちのためにも、社会は真実と反省の態度をしっかり示す義務があると 思います。(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
直ちに再審を!(13.4.13)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件について、疑問だらけの判決であるにもかかわらず、今に至るまで35年以上も事実調べを全く 行っていないということに驚きました。再審開始を要求します。(13.4.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
今このご時世でこのようなことを言うのは不謹慎かも知れませんが・・・
国、司法、警察、検察の信頼が完全に失墜した今こそ、チャンスだと思います。がんばりましょう。(13.4.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審を求めます。(13.4.16)
------------------------------------------------------------------------------------------------
正義は貫いてこそ正義なのかもしれません。(13.4.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審制度の理念、「疑わしきは被告人の利益に」との刑事裁判の鉄則にもとづいて、 東京高等裁判所は、鑑定 人尋問や現場検証などの事実調べをおこない、狭山事件の再審を開始するよう求めます。(13.4.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
「こんなに昔のことだから自分は関係ない」と思ってきましたが、いろいろな社会運動にかかわり多くの署名を 重ねるうちにこの「狭山事件」も関係ないわけがないとわかってきました。誤解していたことをお許しください。
なおわたしは世間に何の影響力もない弱い一個人ですが、ささやかでもお役に立てることを願いつつ署名し、 自分の周りの人たちにも広めさせていただきます。(13.4.22)
------------------------------------------------------------------------------------------------
検察官の横暴については知っています。
再審を要求します。
事実を追求する検察が、事実を隠蔽してもいいと思っているはずはないと信じます。(13.4.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの人生と尊厳をかけた戦いです。この国の公正さが問われる裁判でもあります。再審開始を強く望 みます。(13.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
差別が生み出した冤罪です。(13.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
50年の苦しみを晴らしてください。(13.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実が1日も早く明らかになりますように。(13.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
自白に頼っての裁判は信頼性に欠けると言われて久しい。ぜひ信頼に足る再審を早く開始して欲しいものです。 それこそが司法に対する国民の信用を取り戻すことができる唯一の手段だと思います。(13.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
「無辜の救済」という再審制度の理念、「疑わしきは被告人の利益に」との刑事裁判の鉄則にもとづく事実調 べをおこない、再審を開始するべきです。(13.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
真実は、事実を積み上げればおのずと明らかになります。そのために事実調べがぜひとも必要です。先輩の出 した判決に疑いを持つことから真実が明らかになると思います。(13.4.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
でっち上げの証拠によって一度しかない人の人生の大半を犯人扱いで台無しにするなど、許されることではあり ません。即刻、適正な証拠開示と再審によって石川さんの無罪確定を求めます。(13.4.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
ささやかながら協力させていただきます。
50年の節目、今年こそ冤罪を晴らせますように。(13.4.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
発生時より何とも不可思議なとの思いを持ってきました。
是非、再度事故を審査すべきであると思い暑名させて戴きました。(13.4.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
きちんとした裁判が行われますように・・・。(13.4.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
すべての証拠が開示され再審が始まることを求めます。(13.5.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんは部落差別による予断と偏見により不当逮捕されました。
石川一雄さんは無実です。狭山事件の再審を一日も早く開始してください。(13.5.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を!この裁判は差別裁判だ!(13.5.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
このような醜い差別に基づいた冤罪事件に抗議の意を表明します。(13.5.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
43年もの長きに渡り(※50年)、無実の人を罪びととしてきた警察・検察・裁判所のこころが問われて います。真実はひとつ。その追求こそが、捜査機関と司法の使命のはず。東京高裁は、再審請求に応じるべ きです。(13.5.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
検察庁は、すべて証拠を開示して、正々堂々と審議すべき。
前例踏襲、組織擁護、保身の体質浄化を。(13.5.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事実調べを早急に行い、再審を求めます。(13.5.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審を要求します。誤りを正すことこそ、司法の正義を担保します。(13.5.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審請求が出されても遅々として進展していない司法の現状に怒りがこみ上げます。あの時代の取調べは偏見 と差別が背景にあることは多くの事件で明らかになっています。
冤罪を防ぐためにも司法の決断を求めます。失われた人生は取り戻せません。(13.5.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
真実を追求することが、大切であり、それが役目なのではないでしょうか。正義を期待しています。(13.5.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんは無実だと確信しています。すべての人の権利に関わって何よりも公正な裁判が求められています。 石川さんの訴えに応え、この冤罪を晴らすべく、早急に事実調べをおこない、狭山事件の再審を東京高裁におい て開始するよう強く求めます。(13.5.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
警察・司法は何か変だと思う。(13.5.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実である証拠を採用し、狭山事件の再審を開始するよう求めます。(13.5.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
今こそ司法に公正さを取り戻してください。(13.5.9)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんが不当逮捕されて、今年で50年。部落差別に基づく権力犯罪そのもの。再審を実現させること を願って…。(13.5.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
差別にもとずく不当な逮捕から判決!すべてに抗議します。(13.5.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
証拠をでっちあげて、無実の人を犯人にしたてあげた警察の行為は絶対に許されません。当時、石川さんは、 20代半ばでした。貴重な人生のほとんどの部分を、このでっちあげのために狂わされた石川さん。一刻も早 く再審を開始し、石川さんの尊厳を回復してください。(13.5.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
即時釈放してください。(13.5.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く石川さんの無実が法廷で認められることを希望します。(13.5.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪の疑いの強い判決で人を拘束して、これほど長期にわたり放置したままであることは司法の責任放棄であ るとしかいえません。ただちに再審を開始するよう強く求めます。(13.5.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
半世紀に渡り再審に応じない司法の怠慢に強い怒りを覚えます。一日間早い無罪判決を望みます。(13.5.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
今こそ間違えた過去を正す時です。(13.5.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
無実の人の人生を返してほしいです。
せめて残された人生を幸せになってほしいと思います。(13.6.11)
------------------------------------------------------------------------------------------------
全ての冤罪を生む環境を拒否します。(13.6.12)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事件発生当初の脅迫状〜発見〜届け出〜等・・・全て被害者家族には理解できていると思いますが、理解できて いる人は、次々に死んでいます。
全てをシンプルに解説して、差別問題だけではなく、大きな輪を幾重にも張り巡らす必要があると思います。
それが、できる事件です。(13.6.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは罰せず」私が子供時代から警察の証拠捏造と叫ばれていたこの事件。部落民という偏見。こう いった稚拙なものを一掃した上で、まずは公正な再審を、本人が生きている間に是非お願いします。(13.6.22)
------------------------------------------------------------------------------------------------
「疑わしきは罰せず」が司法のはず。
この方は疑わしくもない。
あまりにも非道だと感じます。(13.6.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
偶然、先週、小学生時代に読んだ本、「狭山事件」はその後どうなったのか、と考えていました。
そして、本日、FBで記事を見かけました。まだ、未解決であることを残念であると考えます。署名させてい ただきます。(13.6.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事実調べと、狭山事件の再審を求めます。(13.6.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
いつでもどこかでだれもが応援しています。(13.6.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
えん罪は司法の犯罪です。(13.6.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
信じられないけど、事実なんですね!私たちが生きてきた50年。過ごしてきた50年。
ずっと国家と闘い続けて来ざるをえなかった石川さんが、私たちにならし続けている警鐘に、あらためて耳を 研ぎ澄ましたいと思います。(13.6.24)
------------------------------------------------------------------------------------------------
私は、狭山事件の再審開始を求めます。(13.6.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
部落解放同盟のかっての三大闘争の一つである狭山事件。事件発生当時、未だ若かった石川さんも、もう、 お年だ。是非、石川さんが生きている間に再審、無実を勝ち取ろう!(13.7.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
法が正義の元に無ければ、何を信じていいかわからない。正義の名のもとに再審をお願いします。(13.7.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
日本の司法への信頼性が大きく損なわれてしまっている現状を認識して、石川さんがご存命中に、過ちを正し ていただきたい。
検察による冤罪つくり、でっち上げが、証拠も無く長期拘留起訴された片山氏に至るまで、延々と継続して いるのが、日本の司法の正体と思わざるを得ない。(13.7.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
無実の罪で拘束されていた石川さんのことを知ったのは、今からさかのぼること46年前の高校一年のとき でした。それ以来狭山差別裁判糾弾、寺尾判決粉砕の闘いにもずっと参加してきましたが、石川さんの青春や 人生に何の役にも立たなかった自身が腹立たしくおもえます。どうかどうか、再審請求が至極当たり前のこと として認められ、晴れて無罪を勝ち取られますよう、こころから祈っています。(13.7.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
応援してます。(13.7.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
生まれた地域や国籍で人の価値が決まるのか・・・石川さん頑張って下さい。私たちも小学生のときから狭山 事件の学習はしてきましたが、いまだ石川さんは戦っておられるなんて、、もう一度学習しなおします。(13.7.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
部落解放同盟岡山県合会水島支部 書記次長 高山 義雄です。私達の支部は解放運動の灯をけすまいと頑張 っている組織です。最後の最後まで諦めないで下さい。(13.7.14)
------------------------------------------------------------------------------------------------
今年こそ狭山事件の再審を(13.7.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一刻も早い再審開始を求めます。石川さんのためだけではなくこの国に生きる私たちにとって、裁判が公正 で真実を明らかにするものであると証明して頂きたい。そうしなければ、国民が安心して生活していくこ とができません。司法の矜持を示して頂きたいと思います。(13.7.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
日本は法治国家です。
司法の良識に期待します。(13.7.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事実調べが行われないのは何故か?冤罪を疑わざるを得ません。狭山事件の一刻も早い再審を 望みます。(13.8.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は用意周到な計画を立てて実行された犯罪です。脅迫状を精読すれば分かることです。筆跡が違う だけでなく、石川一雄さんには、計画的な犯罪を組み立てる力はありません。検察がすべての証拠を開示し、 裁判所が事実調べをすれば、石川さんが無実であることは今以上に明確になります。(13.8.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早い再審開始を!(13.10.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審をお願いいたします。(13.10.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を開始してください。検察官手持ちの証拠を開示するよう、指示してください。(13.10.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
わたしの学生時代は広島では同和教育が盛んでした。そこで狭山事件が大きく扱われていました。個人的にも戦後派 文学を読みふけった時期があり、狭山事件への野間宏の情熱と発言に強く惹かれてきました。
少なくとも言えることは起訴状があまりに不合理な理由に基づいていて、しかも捜査が同和地区への偏見の上 に行われたことです。
本来、裁判は検事側が有罪を証明しなければならないのに、いつのまにか弁護側が無罪を証明することを求め られているように思います。同和問題とともに日本の司法の非民主化を深く憂えます。(13.11.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんのために少しでもできることがあればと思い、署名しました。一日も早い再審開始を願っています。(13.11.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは、絶対に無実です。証拠調べを開始してください。(13.12.18)
------------------------------------------------------------------------------------------------
この国の人権が問われています。再審を開始し、きちんと事実調べをしてください。(13.12.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
私が生まれる前の事件ですが、ネットで色々調べてみると、石川さんは冤罪の可能性が高いと思います。 無実と思われる人が国家権力で加害者にされる可能性は、誰にでもあると思います。真実を知りたいと思います。 そして、無実を訴え今でも、前向きに生きている石川さんを応援したいと思います。もし私だったら、 塞ぎこんで病に冒されていると思います。(14.1.11)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審開始を求めます。
真実を明らかにしてください。(14.1.31)
------------------------------------------------------------------------------------------------
暴力主義的な警察は解体すべきだ!(14.2.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪は許せません(14.2.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は部落差別による予断と偏見によって無実の石川一雄さんが不当に逮捕された事件です。東京高等裁 判所は一刻も早く事実調べを行い速やかに再審を開始することを求めます。(14.4.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
検察は速やかに全証拠を開示し、裁判所はそれに基づき公平な裁判を実施してください。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
SAYAMAを観ました。石川さんの尊厳をかけての人生の選択、それは再審で無実を証明することです。真実を訴 える石川さんは既に、40年以上もの時間を謂れのない差別のために奪われた可能性大なのです。同じ時代に そのような事実がわかっていて、知らないふりはとてもできません。人間味溢れる石川さんご夫婦の、せめて 近い将来に希望と夢あらんことを祈ります。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一刻も早く再審を!(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
鑑定人尋問や現場検証などの事実調べをおこない、狭山事件の再審を開始するよう求めます!(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
警察や検察が自白を強要し、証拠を捏造し、不都合な事実を隠蔽することが今ほど明らかになっているときは ありません。司法に対する批判が高まっている今こそ、彼ら自身が信頼を取り戻すためのチャンスで もあります。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
40年前、狭山の石川さんの自宅に行きました。警察が出した証拠は、ねつ造で冤罪事件だと確信しました。 再審を求めます。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所は「疑わしきは被告人を罰せず」とした白鳥決定を厳粛に受け止め、多くの疑問がある狭山事件の再審 請求に公平な視点で応えてください。
国際社会から注目されています。世界へ私たちが胸を張って自慢できる裁判の姿を見せてください。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
司法と検察を完全分離せよ。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
差別はその社会の排他性と自信のなさを表すものと考えます。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を望みます。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの一刻も早い人権回復を願っています。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
袴田さんの再審決定に続き、狭山事件でも即時、再審決定を!(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審決定を期待してます頑張って下さい(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
事実を明らかにしてほしい(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所・裁判官が市民の信頼を取り戻すよう再審を決断されることを期待します。(14.4.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実だ。再審を開始せよ!(14.4.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く、証拠開示をしなければいけません。司法の怠慢は許されません。どのように責任を取るのですか?(14.4.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審開始を強く要望します。(14.4.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
早期の再審決定を!!(14.4.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
少しでも早く再審を!!(14.4.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの無実を信じています。(14.4.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
えん罪撲滅のため、取り調べ可視化、証拠全開示、死刑廃止を強く望みます(14.4.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件は、当時の警察による自白の強要によって仕組まれた冤罪です。無実の罪によって51年もの長きに わたって「みえない手錠」をはめられている石川一雄さんの再審を、司法の正義にもとづいて、決定される ことを、切に求めます。差別の構造による(14.4.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんに対する差別判決は、彼の青年期以降の全人生を国家権力が奪ってきた冤罪事件です。
部落解放運動に連帯する一市民として、1日も速い再審の開始を望みます。(14.4.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは無実です!警察は何をやっているんですか!?私は、再審を求めます!筆跡だって全然違うじゃない ですか!冤罪なんてやってはいけないこと。恥ずかしかった?バカですよ!あのですね。そう言うアホなことを する事が一番恥ずかしいことを、理解したらどうですか!? 石川さん、負けないで!!!!!!! 貴方が無罪 なのを私は信じます!頑張って下さい!(14.5.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
ポレポレ東中野で「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」を観てきました!
再審決まる事を願います。(14.6.1)
------------------------------------------------------------------------------------------------
証拠を捏造し無実の石川さんを犯人にした権力犯罪こそ裁かれなければなりません。(14.6.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
43年間(まま)、無実を訴え続けてきた石川一雄さん、あと少しです、頑張ってください。(14.7.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの43年に渡る、部落差別に基づく予断と偏見による権力犯罪ともいうべき、でっち上げ、冤罪事件に 対する闘いに対し、心より敬意を表します。(14.7.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
頑張って生きてください
味方です
18歳女子大生(14.8.12)
------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年8月23日江東区亀戸の駅前でビラをいただきました。
袴田さんの冤罪事件と同じように、決してあってはならない判決であったと思います。今日までの日々をどん なお気持ちで過ごしてこられたかを思うと、胸が痛みます。1日も早く真実が日の目を見られるよう、 心よりお祈り申し上げます。(14.8.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの再審、無罪判決の実現は、日本の民主主義の証しとなるものだと思います。(14.10.10)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山裁判の勝利なくして日本市民の人権意識の涵養はあり得ません。(14.10.10)
------------------------------------------------------------------------------------------------
国家犯罪は許せません!(14.10.12)
------------------------------------------------------------------------------------------------
映画を見て、初めて事件のことを知りました。石川一雄さんが、ケニアに行ける日が来るまで、応援してい きたいと思います。(14.11.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
私も応援します。(14.12.2)
------------------------------------------------------------------------------------------------
応援しています。(14.12.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------
応援します。早急な再審を。(15.1.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審を必ず勝ち取ろう!(15.1.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
狭山事件の再審を!!(15.4.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
いい加減無実の人間を解放するべき。そのために再審を速やかに(15.5.17)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんは犯人ではありません。裁判のやり直しを一日も早く行うことを求めます。(15.5.19)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんの無実は、衆目の一致するところです。
 最高裁も潔く非を認めて政治判決を下すこと無く一刻も 早い完全無罪判決を求めます、予断と偏見に基づく差別裁判 に終止符を打ちましょう。(15.5.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
ただ本来の権利を取り戻さんとする石川さんを支持致します!(15.5.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
一日も早く狭山事件の再審を開始してください。公正な裁判を求めます。(15.6.20)
------------------------------------------------------------------------------------------------
あまりにも無惨な歳月を過ごして来られた、石川様に深く同情しています。どうぞ再審がひらかれますよ うにいのります。(15.6.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川兄ちゃん取り戻そう!
見えない手錠が外れるまで、石川兄ちゃん元気でいてください!(15.6.25)
------------------------------------------------------------------------------------------------
これ以上「司法制度による人権侵害」の上塗りをせず速やかに再審開始の決定を下されるよう、強く要望します。(15.10.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
偏見と予断に基づく誤った判決により奪われた石川一雄氏の復権を、一刻でも早く取り戻せるよう再審開始を強く求めます。(15.10.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所はまともな裁判をしてください。望むことはそれだけです。(15.10.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
再審請求をこれ以上放置しておくことは司法による重大な人権侵害というべきです。東京高裁は再審制度の趣旨に則り一日も早い再審決定を行うよう求めます。(15.10.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
国は冤罪という名の殺人をやめよ。(15.10.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪で人を罰することは殺人以上の悪であり、あってはならないことです。狭山事件の公正な再審を求めます。(15.10.5)
------------------------------------------------------------------------------------------------
何故再審しないのか、理解できません。
組織というものは間違いを改めたり、自己否定は出来難い集団です。
でも司法だけはそうあってはいけないと思います。(15.10.9)
------------------------------------------------------------------------------------------------
どうか、真実の追求をお願いいたします。(15.12.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------
冤罪がある限り司法は信頼されない。(15.12.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
東京高等裁判所が狭山事件の再審を開始するよう求めます。
私も一部の川口市役所や教育委員会の人間などに、事実を正確に確認もしないうちから、「とりあえずなめて いるんだ!」と被害妄想によるただの勘違をされ、それからその被害妄想による思い込み、要はその公的機関 の人間たちのただのデマや、その人間たちのただのウソを、仕事場や大学にデマを流されるなどの被害を受け ています。さらに、川口市役所の福祉課からは「何をされても黙っていろ。それが約束だ。黙っていないと、 ここに住めないようにしてやる」と一方的に黙っている約束をさせられています。この件は今、川口市役所 の市長に訴えている最中ではありますが、「上が気に入らないと判断すれば、上の都合が優先されるのなら、 冤罪のままにしておけ」という考え方が世の中にまだ残念ながらある以上は、声を上げていかなければなら ないと思います。石川一雄さんの一刻も早い再審が開始され、上の都合だけでいい加減な量刑やいい加減な 犯罪事件がこれ以上増えないことを祈っています。(15.12.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
この世から一日も早く冤罪をなくそう。(15.12.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんは冤罪である疑いが濃厚です。
狭山事件の再審を一刻も早く開始するようお願いします。
石川さんの失われた時間は戻ってきません。(15.12.28)
------------------------------------------------------------------------------------------------
無実が確実な人をいつまでも「被告人」とするのは社会に反抗することです。(15.12.29)
------------------------------------------------------------------------------------------------
先日外国人の友人になぜ日本ではまだこんなに差別があるのかと聞かれました。自分はこれまで日本に差別が多く
残っていることを知らなかったので、このように言われて驚くとともにショックを受けました。そこで今回の署名が
日本での、そして世界での多くの差別をなくしていくための大きなきっかけになってほしいという願いで署名の決断
をさせていただきました。みんなが暮らしやすい社会が一日でも早く訪れることを心から願っています。(16.2.19)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川さんの長すぎる苦闘が一日も早く終わりますように。これほど理不尽な司法の犯罪を見過ごすことは、人間性を捨てるに等しい恐ろしいことです。
石川さんご夫妻と支援者の方々に心より敬意を表し、微力ながら署名致します。(16.4.4)
------------------------------------------------------------------------------------------------
公正な裁判のやり直しを求めます。
石川さん、どうぞお元気で。(16.5.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
裁判所は検察に全面的な証拠開示をさせ、1日も早く石川さんの無実判決を出してください。(16.5.23)
------------------------------------------------------------------------------------------------
二〇歳代に、狭山差別裁判糾弾!10万人集会に参加したことがあります。その頃とは事情は異なりますが、再審を実現し、裁判勝利、証拠調べやり直し、 石川さんは無実だという確信は決して揺るぎません。(16.5.27)
------------------------------------------------------------------------------------------------
この事件やその司法判断を機にすべての人々に「基本的人権」の再認識を切に願います。(16.8.30)
------------------------------------------------------------------------------------------------
石川一雄さんが無実であることは、数々の証拠が示しています。今まで、言い訳的な判決文が読まれてきました。再審を開始し、公正に断言できる無罪判決を待っています。 (16.9.6)
------------------------------------------------------------------------------------------------
公権力による分断こそ差別されない権利の侵害である。狭山事件は、部落差別と偏見に基づく見込み捜査、うその自白強要、代用監獄、証拠不開示、再審制度の在り方など、
現在の日本の司法制度の様々な問題を象徴する冤罪事件です。部落差別偏見自白強要代用監獄証拠不開示等の人権侵害をやめ石山さんの再審と無罪判決をお願いします。 (16.9.21)
------------------------------------------------------------------------------------------------
3年前に映画「SAYAMA」を見て、石川さんが無実と解りました。今日、少人数の集まりにも関わらず、とつとつと話してくださった鎌田慧さんから、再審を求める市民の会の立ち上げの経過を聞き、ホームページを開き、この署名を知りました。国民の人権を守るべき国が人権を踏みにじったままでいることへ抗議します。 (16.10.15)
------------------------------------------------------------------------------------------------



[TOP]